とりあえず勉強させよう、それも自力で

「家であまりにも勉強しないので、
 とりあえず塾に行かせてました。」
 
成績を何とかしたいということで相談に乗ると、
かなりの確率で、お母さんがこういう言葉を口にします。
 
でも、たいていの場合、成績は上がらないんですよ。
だから、相談にいらっしゃるわけですが…。
 
 
塾に行くことで、いい先生に出逢えたり、
「やればできる」という自信が付いたり、
何らか「やろう!」と思えるきっかけが手に入ったら、
それはとても素敵なこと!
 
ですが・・・
 
なかなかそうはなりません。
 
 
いや、そもそも、です。
 
 
「とりあえず塾」に行って、
与えられたテキストを機械的にこなして、
それで学習時間が増えたことで、
成績が伸びたとして…
 
それって素敵なことですか?
 
だって、本人は何も変わっていないんですよ!
 
例えば、劇的に成績が上がって・・・
 
幸運にも希望の高校とか大学に合格したとして・・・
 
それでどうなる?
 
社会に出るって、そんな簡単なことではありませんよね?
 
社会に出ても、何かをやり遂げる力がなくって、、、
 
何かを成し遂げるために努力する力もなくって、、、
 
脳に汗して自分なりに工夫して成果を上げた経験なくして、、、
 
さて?
 
 
今や表舞台から姿を隠していらっしゃる島田紳助さんが、
吉本総合芸能学院の特別講義で、
こんなことを語っていらっしゃいます。

誰でも頑張って「5の努力」をすれば、「5の筋力」を得ることができます。
それを得ることができたら、この世界が駄目でも、他の世界で絶対成功できます。

── 「自己プロデュース力」(島田紳助著) P.103

そう。
 
子ども達に、何か無理矢理押しつけて
何らかの「結果」を手に入れさせたとしても、
子どもの未来を保証することには、
まったくなりません。
 
「とりあえず勉強」でいいから、
自分のアタマでやり方を考え、やり方を工夫して、
死にものぐるいで、自分なりの結果を手に入れること。

ひょっとすると、無駄な努力になって、
あまり成績が上がらないかも知れません。
 
いやいやでも塾に行った方が、
まだ成績が上がったかも知れません。
 
でも、求める最高の成果につながらなかったとしても、
そこで手に入れた「努力する力」、
紳助氏の語る「筋力」が手に入ります。
 
そして、それこそが、
というより、その筋力だけが、
自分の才能が花開く場所と出逢えたときに、
最高の成果として結実することを保証してくれるのです。
 
塾でメッキのようにつけた点数には、
そのような力がありません。
 
 
だから!
 
勉強に対してやる気を見せない子どもに対して、
親がするべきは「勉強しなさい!」と煽ることではなく、
無理矢理塾に行かせることでもありません。
 
勉強でも、趣味でも、何らか自分の意志で取り組み、
コツコツ努力できるような、
そんな文化を育むような声かけと
環境作りをしてあげましょう。
 
そんな悠長なことを言ってられない状況だよ!
 
という場合は、子どもに努力の仕方、
勉強の仕方を授けてくれるような先生のところに
預けてみましょう。
 
もちろん、その前に「勉強しなさい!」という言葉を
封印しなければなりませんよ!

「自分でやる」文化を育む上で参考になる本

島田紳助著『自己プロデュース力』

『勉強しない子には「1冊の手帳」を与えよう』(石田勝紀著)

 
『一流の育て方』(ムーギー・キム著)

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


ピックアップ記事

  1. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  2. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  3. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  4. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  5. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  6. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  7. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  8. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  9. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  10. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …

教育問題コラムPick up

  1. 2016-4-30

    子ども達の学力を奪っているのは、あの灰色の男たちだ!

    今、中高生の学力が、ある種の危機に瀕しています。   何やら灰色の男たちが、夜昼かまわずやってき…
  2. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…
  3. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…
  4. 2016-3-18

    タブレット学習は、子どものどんな力を創っていくのか?

    メディア論についての、ある本の序論に、こんな言葉があります。 「私たちは自分たちの必要に合…
  5. 2015-12-16

    それでも「早期英語教育は要らない」と言わせてもらおう

    「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る