もっと、子供たちの「みずから学び、伸びて行く力」を!

実はこのページのトップにある画像に挙げたものを含めて、次に挙げる読書法・勉強法は、どれも効果が上がらない(上がりにくい)とされるものばかり。
私たちは学校教育の中で、非科学的で非効率な「がんばっている実感だけが高い作業」を身につけさせられてしまっています。

  • 同じ漢字を何度も繰り返し書く。
  • 教科書を毎日音読する。
  • 先生が書いた黒板をノートに丁寧に書き写す。
  • 大好きなジャンルの本をたくさん読む。
  • 少ない時間でたくさん文章を読めるように速読を学ぶ。
  • その子の感覚特性に応じて教材を選ぶ(いわゆるVAK理論)
  • 右脳活性化と記憶力強化のために速読を学ぶ
  • テスト対策として塾で配られたテキストや対策問題(過去問)を大量にこなす

間違った学習法・読書法で学ぶことは、単に「成果が上がらない」だけでなく、「がんばったのに成績が上がらない…」という自信喪失につながり、勉強への意欲を失ってしまうことにつながる非常にリスクの高いことなのです。

逆に正しい学習法、正しい読書法、読解トレーニング法を学ぶことで、子どもたちは「やればやるだけ学力が高まる」ようになりますし、勉強がどんどん楽しくなっていきます。

もしお子さんが上記のような勉強法をしてしまっていたり、家で勉強しようとしなかったり、「勉強は嫌い」と拒否したり…そういった症状が出てしまっているなら、ぜひこのサイトで紹介する方法を学んでみてください。

「勉強が嫌い」と「勉強が苦手」はいつからでも回復が可能です。一日も早く、お子さんの未来を取り戻すための学習法・読書法をプレゼントしてあげましょう!

私がことのばの学習法・読書法をお届けしています!

寺田昌嗣はじめまして、寺田正嗣(てらだまさつぐ、1970年・福岡生まれ)です。
1993年に名古屋大学法学部を卒業し、8年ほど教職に就いていました(福岡県立高校・公民科教諭,小論文指導も)。
その後独立し、現在は小中学生を対象とした「読解力+学習法」に特化した教室運営と並行して、九州大学大学院(博士課程)に在籍し学習ストラテジーと読書教育を研究しています。
教職在職期間は8年と短期間でしたが、ユニークな授業が評判となり全国紙一面に授業が紹介されたことがあります(1998年元旦・朝日新聞)。また、中学校勤務時代には20代にして進路指導主事に就任し、それまで60%台だった公立高校合格率を90%台に引き上げた実績を持っています(2000年度)。
今は、正しい勉強の仕方、本の読み方を知らないために、せっかく努力しているのに成果が出ない…そんな悲しい思いをして、未来の選択肢を狭くしてしまう子供を一人でも減らそうと科学的な学習法と読書法の指導法開発と普及に全力を注いでいます。
そして、それを実現するために九州大学大学院(博士課程)に在籍し、読書教育研究・学習法研究に取り組んでいます。(日本教授学習心理学会会員・日本読書学会会員)
《その他の実績》
・2008年『フォーカス・リーディング』出版(10万部のベストセラー)
ベネッセ中学2年生コースの特集記事の指導・監修(2008年)
西南学院大学での読書力養成講座(通年講座、2014年度から)
・司法書士スクールの高速学習指導(2015年度)
・日本読書学会刊「読書科学」への論文掲載(査読あり論文, 2022年)

お知らせ
  • 2023.03.01 Webメディア「ママ広場」にインタビュー記事を掲載していただきました。
  • 2023.03.03 Webメディア「ママ広場」にインタビュー記事を掲載していただきました。
  • 2023.03.25 Webメディア「まいどなニュース」に専門家としてコメントを提供しました。
  • 2023.10.06 Webメディア「ママ広場」にインタビュー記事を掲載していただきました。

ことのばで目指す勉強って?

ことのばが考える理想の学習というものについて、3分ほどの動画にしてみました。よろしければご覧ください。

ことのば式の高速学習法を試してみませんか?

ことのばの読書指導と学習指導は、あくまで「自分で学ぶ力を高める」ためにおこなっています。
ですから、1回の試験で結果がどうだったかということに、あまりこだわりません。結果はあくまで自分の努力の量とやり方が適切だったのかを計る指標に過ぎないと考えているからです。
そのためにも、勉強の目標設定、計画、テスト終了後の振り返りを、子どもたちと一緒に丁寧におこないます。

中学生の定期考査指導の例に過ぎませんが…

小学生の漢字検定、中学生の定期テストは「学び方」のとてもいい指標になります。
あくまで一例に過ぎませんし、全員が「一発で大幅アップ」とはなりませんが、勉強を教えるのと違い、勉強法を学ばせることで、「教室に来ない日も、自分の力で勉強を進められる」ようになるのが、ことのばならではの指導です。

ですので、例えばこちらの2人のデータは、試験前にたった3回だけ(90分×3回)指導した成果です。

その他にも…

  • 中学2年生男子が、テスト3週間前に入会し、週2回ずつの指導で5教科合計103点アップ
  • 中学2年生女子が、テスト3週間前に入会し、週2回ずつの指導で5教科合計97点アップ
  • 中学2年生女子が、冬休みの3時間×6日間の指導のみで、5教科平均60点台から全教科80点以上(うち2教科90点台)へ
  • 中学2年生男子が、冬休み4時間×9日間の学習で、定期考査20点台から80点へ
  • 小学4年生男子が、3ヶ月ほどの準備期間で、漢字検定3級(中学校卒業レベル)に合格
  • 同じく小4男子が、2ヶ月ほどの準備期間で、漢字検定3級(中学校卒業レベル)に合格

LINE友達登録で無料プレゼント!

プレゼントその1

子供に「勉強しなさい!」と言ったところで反発するのが関の山。
そういう時は「こういう勉強法があるらしいけど、試してみない?」と声をかけてみるといいかも知れません。
ぜひ、ことのばの学習法をまとめた冊子を手に入れて、親子で読んでみてください!

プレゼントその2

2023年7月に開催した「小学生時代に漢検3級に楽々合格!漢字学習法」動画講座(約50分)をプレゼント。自律学習虎の巻でも紹介されている学習法を、さらに丁寧に(実演をしながら)解説しています。

https://lin.ee/ot3Z3hr

ことのばで学びたい方へ

2024年7月より、以下のコースで募集をいたします。
小学生は月曜日から金曜日の16:30から18:00の時間帯、中学生は火曜日・木曜日の18:00から20:30までの時間帯のみ指導可能です(時々、土曜日の指導もおこないます)。

直接指導コース(小学校4年生から中学校3年生まで)

小学生は60分×週2回。漢字検定対策指導と読解指導です。(月謝18000円+税)
中学受験の小学生と中学生は90分×週2回。学習法指導および基礎的な読解指導をおこないます。(月謝2万円+税)

※「夏休みだけ」などの短期間での指導をご希望の場合はご相談ください。

中学生・高校生の日常的な学習支援

学習障害(発達障害)を抱えている小中学生、勉強につまずいてしまった中高生については、特別に個別指導をさせていただきます。詳しくはお問い合わせください。

中学生指導の一例:3時間のセッション+3ヶ月(30分/週1×12週)で15万円+税
高校生指導の一例:3時間のセッション+3ヶ月(30分/週1×12週)で24万円+税

お問い合わせ・お申し込みは…

ことのば公式LINEにご登録の上、ご連絡ください。

PCの方はQRコードをクリックしてください。

学習法を学んで、子どもたちへの指導に活かしたい…

無料プレゼントしているPDF版の学習法を丁寧に解説したセミナー映像をご購入いただけます。
ことのばで使用している学習マニュアル(生徒配布分)もPDFでダウンロードしてご利用いただけますので、正しい勉強法を身につけさせるためにご利用ください。

追伸

子どもたちは皆、可能性のカタマリですし、その可能性は無限大です。それでいて、その子ならではの輝く個性を持っています。
でも、その個性が、時として「この子は数学が苦手だからね」、「漢字が苦手なのは遺伝かな?」というようなネガティブな形で語られるのは、本当に悲しいことです。
 
本来、学校の勉強は、輝く個性を花開かせるための土台作りのようなもの。多少の得手不得手があったとしても、正しい勉強法と努力があれば、たいていの勉強はなんとかなるものですし、そこで得た知識とスキルを活用して、未来への可能性を自力で切り拓いていけるものです。
それを邪魔するような、古い、間違った勉強法を学校や大人が教えてしまっているのが問題なだけなのです。
 
まずは、ここでご紹介する方法で、「勉強はやればできるんだ!」という自己効力感自己肯定感を子どもたちに持たせてやってください。
 
そしてさらに、これだけ変化の激しい時代です──。
そろそろ「塾から与えられたプリントでしか勉強できない」ような受け身の勉強から、そろそろ卒業させませんか?
ご存じの通り、大学を出たからといって就職も将来の安定も保証される時代は終わりました。
自分で乗り越えるべき課題を発見し、自分の力で学び、乗り越えて行く──そんなたくましいサバイバル能力を身につけて欲しい。
ことのばの学習法・読書法はそんな想いを込めて作りました。
 
あなたの大切なお子さんの未来が、明るく輝くものになりますことを、心からお祈りしております。

よろしければ、こちらのコラムをぜひ…!

コラムで人気の記事