自分で学ぶ力を育む指導
ことのばでは「勉強」を教えません。
その代わりに
「勉強のやり方」を指導します。
Self-regulation
豊かな言葉を育む大量の読書
ことのばは子ども達に
「言葉」と「思考力」
そして「みずから学ぶ力」
を授けるために作られました。
TERADA presents!
元中学校進路指導主事が指導します。
ことのばの指導は、すべて
元中学校進路指導主事、
現読書法研究者、寺田が
責任を持ってあたります。
with books

新型コロナ対応について

現在、ことのばでは「3密」にならないよう、次のような対策を講じた上で、子どもたちへの個別の指導をおこなっています。

  • 毎朝、アルコール除菌剤でドア、テーブルなど丁寧に清掃・除菌。
  • 入り口にアルコール殺菌ジェルを置き、入室前に殺菌。その上でさらに、入室後、石鹸で手洗い。
  • 十分にスペースを確保して着席。
  • マスクがない子どもにはマスク(使い捨てタイプ)を提供。講師もマスク着用。

ただし、キャパが少ないので、小学生につきましては、現在、在籍している子で受け入れを中止いたします。
中学生につきましては、受験対策で不安を抱えているであろう中学3年生限定で受け容れます。詳しくは2020年度の開講講座の情報をご確認の上、LINEでお問い合わせください。

子ども達に「本当の学び」を与えませんか?

そろそろ、試験のための勉強、
勉強のための勉強をやめて、
人生のための大切な勉強を、
子ども達に与えてみませんか?


寺田がつづる「読書」と「学び」について書いた最近のコラムをご覧いただけます。

速読の効果は「読書の敷居を低くする」それにつきます。1ページ9秒前後で快適に楽しく読める状態を目指しています。そして速読指導は「読解指導(ミクロ理解指導)」とセットでおこないます。
2020年度の受講者を3月から体験募集してまいります(水曜日17:30から1時間程度)。

速読技術というのは、読書のストレスが取れたり、全体構造の処理がうまくなったり、そんな「読書が身近で、価値あるものになる」ためのツールにすぎません。
本当の意味で国語力、学力の基礎となるのは、正しい読解指導・読書指導です。

元中学・高校教師、現在は大学院(博士課程)で読書教育研究、学習法研究にいそしむ寺田が思う教育の問題、考えをつづっております。