シャープのしゃべる「ヘルシオ」は、子ども達のどんな未来を映し出すのか?

ここ半年、話題を振りまきっぱなしのシャープさんが、しゃべる電子レンジなるものを出してきました。

例えば「今晩何を作ろう」と話しかけると「きょうは暑くなるみたい。スタミナのつくスペアリブはどうですか」などと提案する。使い続けることでAIが学習し、家庭の好みにあった献立を提案できる。
(同ニュース記事より)

だそうですよ・・・(^_^;
 
AI機能を搭載したクックパッドが出れば、それでこの電子レンジの寿命が終わりそうな、そんな嫌な予感しかしない新製品。
目の付け所が全然シャープじゃないように感じるのですが、シャープさん、大丈夫でしょうか?
 
 
しかし、こういうどうでもいいところまでAIをうたう製品が出てくるのを見ると、やはり子ども達の未来の激変っぷりを思わざるを得ません。
 
家庭で「あー、考えないで家事ができるって楽だわ♪」とか、「材料だけ放り込めば料理が出来てしまうなんて♪」とか、喜んでいる場合じゃないんですよ。
 
ちょっと想像力を働かせてみれば分かります。
 
仕事の現場でも同じことが起こるわけですよ?
 
考えないで作業だけでできてしまう仕事、「あとは機械がやってくれる」的な下働きのような仕事・・・。
 
ものづくりの機械化、自動化(OA化)は、作業する人が楽になったり、熟練が不要になって、よりレベルの高い作業を多くの人がこなせるようになったり、そんな「仕事が広がる」ものでした。(もちろん、その中にも様々な矛盾や疎外があったことは間違いありませんけど。)
 
でも、現代のICT、AIはそうなりません。産業のソフトウェア化にAI・ICTが乗っかれば、一人の優秀な頭脳とその拡張装置たるPC,Aiと、それを支える単純作業だけで仕事が成立してしまいます。
 
だから、完全にそれを使いこなして仕事を生み出すクリエイターだけが求められるんです。他に必要なのは、ちょっと極端に言えば消費者だけ。でも、その消費者はAIに仕事を奪われて職がないかも? お金がないから時間をじゃぶじゃぶ使ってスマホでゲーム三昧?
 
歴史で習った「パンとサーカス」の世界が・・・?
 
日本と海外とのボーダーレス化で、安い賃金で高いクオリティの仕事をこなす第3世界と戦うはめになり、人間とAIのボーダーレス化で完全に仕事を奪われる領域が出てくる・・・。今、そこそこの頭脳労働をしている人でも、そこがAIに置き換えられる、そんな時代が目の前に見えてきているんです。
 
しゃべるヘルシオを使う食卓の向こう側に、そんなもの悲しい、シビアな未来が映し出されて見えてきませんか?
 
 
いいとか悪いとかじゃなく、リアルな近未来として迫ってくるわけで、それにどう対処するかという判断しかありません。
 
そんな時代に生きる僕ら大人が、子どもの教育、その先にある未来を考える時に、絶対に忘れてはならないこと。
それは、人間にしか、この子にしか実現できないことって何だろう?そんな視点を持ち続けることですよね。
 
そして、そのために今、この子たちに何を授けていったらいいんだろう、そんな発想で教育や躾のことを考えること。
  
一つ言えることは、誰かが用意したとおりにプレイをして遊ぶだけのゲームとか、誰かが用意したテスト問題を解いて正解かどうかだけを確認するような勉強をやっていてはだめだってことですね。
 
じゃあ、どうしたらいいんだろう、子ども時代に何をさせたらいいんだろう、そう考えたいところですね。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  2. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  3. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  4. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  5. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  6. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  7. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  8. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  9. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  10. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …

教育問題コラムPick up

  1. 2016-3-18

    タブレット学習は、子どものどんな力を創っていくのか?

    メディア論についての、ある本の序論に、こんな言葉があります。 「私たちは自分たちの必要に合…
  2. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…
  3. 2015-12-4

    子どもの貧困、1学年の子どもだけで4兆円の損失!⇒だから?

    昨日の日経新聞オンライン版(速報)で「子どもの貧困」に関する、こんなニュースが掲載されました。 …
  4. 2015-11-23

    ニュース「照葉小中 連携に効果」から考える「学校と地域、そして家庭」

    2015.11.21付けの西日本新聞に「照葉小中 連携に効果」とする記事が掲載されました。   …
  5. 2015-11-8

    子どもに大学進学を考えさせる上で、もっと大切なこと

    小中学生でも、大学進学を希望する割合が高まっているんだそうですよ。 ちょっと古い記事ですが、今年(…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る