シュール&ホラー 本当にこわい『焼き魚の呪い』(を目指せ?)

grilled-fish

最近、3歳の息子が
絵本の読み聞かせに
はまっています。
 
その中のヒット作品がこれ。
 
やきざかなののろい
 
焼き魚が嫌いで、
晩ご飯に出された焼き魚を
つっつきまわした挙げ句、
食べずに残した主人公。
 
その少年に恨みを抱いた
焼き魚が、
 
サンドイッチを食べていても、
お風呂に入っていても、
布団で寝ていても、
学校への行き帰りにも、
 
「きらわないでくれ・・・
 ちゃんと食べてくれ・・・」
 
と巨大な(時には小さな)
化け焼き魚になって、
迫って来ます。
 
一度は本当に
「ぱくっ」とばかりに
食べられてしまい・・・
 
その時は
焼き魚ならではの
ある特徴のおかげで
主人公は事なきを得ますが・・・
 
ついに、主人公は本当に
焼き魚の呪いにかかってしまう・・・
 
そんな、とてもシュールでホラーなお話。
 
あー、こわいこわい・・・
 
 
でも、これを読んでいると、
小学4年生のお兄ちゃんも
いつの間にか寄ってきて、
一緒に楽しんでいます。
 
 
某所でそんな話を中心に
読み聞かせの話をしておりましたら、
 
「えっ?
 読み聞かせの途中で子どもが飽きるのは、
 子どもの集中力の問題じゃないんですか?」
 
あるパパさんから、
こんな驚きの声が上がりました。
 
なんでも、読み聞かせをしてやっても、
すぐに飽きてしまい、
聞いてくれなくなるのだとか。
 
幼児への読み聞かせだろうが、
小学生への読み聞かせだろうが、
相手が飽きているとしたら、
それは8割方、読んでいる人の責任です。
 
 
もちろん、幼児はいろんなことに
興味を持ちますから、
自分で勝手にページを送ったり戻したり、
あるいは読んでいることとは
違う部分に食いついたりするものです。
 
それはそれで
親子のコミュニケーションとして
楽しんでいればよろしいのかと。
 
ただ、明らかに興味を失い、
聞かなくなるとしたら、
やはり読み手の責任ですね。

  • 選書に問題ないか?
  • 読むスピードは適切か?(速すぎないか?)
  • 子どもがワクワクするような読み方ができているか?
    緩急・抑揚を付けて臨場感を出しているかとか…

基本的に、幼児への読み聞かせは、
そこそこゆっくり、滑舌良く、一音一音明瞭に。
 
小学校の中学年以上になれば、
時には流れるように、時にはゆっくりと、
話の展開に応じて緩急を付けて。
 
別に研究者でも何でもありませんが、
自分がいろいろやってきた経験としては
そんな感じでしょうか。
 
 
幼児への読み聞かせが
うまくいかないなぁと感じているなら、
保育園のベテラン先生の
紙芝居や絵本の読み聞かせを
聞かせてもらうといいですね。
 
とても勉強になります。
 
小学生向けなら
公立の図書館でも
ボランティアの皆さんが
なさっています。
 
読み手のキャリアは様々ですが、
どんな子達が、
どんな本、
どんな読み手、
どんな読み方の時に
どんな反応をしているか観察しましょう。
 
上手な読み手からは、
その読み方を学べます。
 
ダメな読み手からは、
読み聞かせで
やってはいけないことを学べます。
 
 
自分の実力を知りたかったら、
子どもが遊んでいる近くで、
わざと壁に向かって、
エア読み聞かせをしてみてください。
 
エアといっても、
絵本がエアなのではなく、
子どもがエア。
 
誰も聞いてくれていないのに、
エアな子どもに向かって
楽しそうに読み聞かせするんです。
 
楽しそうな雰囲気が伝われば、
必ず子どもが寄ってきます。
 
子どもって絵本が大好きですから。
 
今まで何人かのパパさん達に
お薦めしてきましたが、
みなさん「力試しになりますね!」と
楽しんで取り組んでいらっしゃいました。
 
 
私たちが何か
実力を高めようと思ったら、
きちんと、シビアなフィードバックを
受け止めなければなりません。
 
それをせずに
子どものせいにして放置していては、
10年経ったときに、
アンハッピーなエンディングが・・・
 
 
そうならないための
読み聞かせの腕を磨く教材に、
 
「やきざかなののろい」はいかがでしょう。
 
やきざかなののろい
 
時にはNHK教育の「みいつけた」に出てくる
ホネーキンさんの口調も
試してみてください。
 
本当に怖い「やきざかなののろい」になって、
子どもが「やめてーーーー!」って
怖がってくれたらステキですね。(^^*

無料メール講座のご案内

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. Beautiful woman applying red lipstick
    和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  2. Portrait of pretty girl reading at workplace
    ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  3. english-for-kids
    「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  4. Howling white wolf
    ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  5. yakisoba
    トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  6. The hole in the brick wall with word learn english
    英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  7. 2015hibon-presen
    忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  8. thinking-note
    著者の主張が腑に落ちず、著者に論戦を挑む。   あるいは、読書を通じて自分の思考力を鍛えようとか…
  9. communicate-with-stringphone
    テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  10. care-with-heart
    随分前に、博多非凡塾・読書倶楽部の 課題図書として採り上げた『ケアの本質』。   20年に…

教育問題コラムPick up

  1. recruit

    2016-2-26

    文系・理系の選択、その判断を決めるものは?

    2016年2月25日付け日経新聞にこんな記事が掲載されました。 大学で理系学部に進学した人…
  2. Little toddler girl putting on big glasses while using her laptop

    2015-10-28

    小学生からプログラミングを学ぶ時代?

    昨年あるいはもう少し前くらいから、「習い事」として「プログラミング教室」が人気なのだそうですよ。 …
  3. go-abroad-to-study

    2015-12-18

    なぜ、留学は投資として「割に合う」のか?

    留学はそれなりにお金がかかったとしても、かなり割のいい投資になる。── そう確信させる記事が、昨日(…
  4. school-class

    2016-1-8

    「チーム学校」を本当に機能させるために必要なこと

    いよいよ新学期です。   うちの息子も、朝からばたばたしながら、 大量の荷物を抱えて学校に駆け…
  5. artificial intelligence, communication and futuristic

    2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…
ページ上部へ戻る