「子ども速読」講座では何が手に入るのか?

子ども速読

こんにちは。読書と学習法のナビゲーター、寺田です。
 
今週から、ことのばの新学期がスタートいたしまして、
月曜日にはさっそく子ども速読講座
リニューアルしてスタートしました。
 
昨年度までの子どもたちは、いったん終了してもらって、
ほぼ全員が新しく参加する子どもたちです。
 

「右脳を開発して欲しい」というリクエストが…

お一人ずつ簡単に面談をしていくわけですが、
その中で

某お母様
右脳を開発して、クリエイティブな頭を持って欲しい。

そんなリクエスト(願い)をいただきました。
 
そこで

寺田
はい、それは無理です。

と1秒でお断りのお返事を差し上げました。
 
ことのばの速読に関する説明には
「右脳」なんていう言葉は出てきませんので、
どこか詐欺的な速読教室の情報を
鵜呑みになさっているのだと思います。
 
その保護者の方にも以下のような話をして
ご理解いただきました。(^^)

ことのばの「子ども速読」で手に入らないもの

ことのばの速読講座では、
集中力のコントロールと
フォーカスのコントロールで、
読書のストレスを取り除きつつ、
読み方を変えるスキルを手に入れます。
 
そこには「右脳開発」とか
潜在能力開発」などといった
マジカルな要素はありません。

保護者さん
でも本をたくさん読んでインプットできれば、能力開発になりませんか?

寺田
基本的に、たくさん読むだけでは学力も付きませんし、能力開発にはなりません。

保護者さん
・・・?

そう。
「速くたくさん読む」というのも、
あまり意味はありません。
 
もちろん、「量」を求めることは重要です。
 
ですが、それは「正しい読み方」、
「確かな読書力」が伴って初めて実現するもの。
 
そうでなければ、読書量が週1冊以上になっても
学力とは無関係になってしまいます。

 

子ども速読講座で目指すもの

子ども速読講座は、まず次のような「読書力観」を
ベースにして、読書教育を創っています。

  • 1.言葉のつながりを分析的にとらえるミクロ視点の読解力。
  • 2.大きなストーリー展開を把握するマクロ視点の読解力。
  • 3.根拠をもって自分の意見や感想を語ることができるコメント力。

なので、この3つをそれぞれ磨くような
読書演習をおこなっていくことになります。
 
具体的には、

  • 1-1.言葉のつながり(係と受け)を的確に分析し、把握する言語トレーニング。
  • 1-2.接続詞や指示語を的確に処理し、文脈を構築する読解トレーニング。
  • 2-1.書籍全体のストーリーをつかみ、要約するトレーニング。
  • 2-2.主に説明文の論理構造をつかみ、図解化あるいは要約するトレーニング。
  • 3-1.読んだ本について、読書感想文、書籍紹介文(ブックレポート、本の魅力紹介)など多様な文章として表現する論理的作文トレーニング。

といったことを週2回×70分ほどの授業で
少しずつ指導していきたいと考えています。
 
 
とはいえ、読書力も様々。読書経験も様々。
 
一つ、全員に共通して言える確かなことは、

誰一人として読書の方法、論理的な考え方、作文の書き方を学んだことがない。

という残念な現実があるってこと。
 
公教育では絶対に学べないけど、
世の中に出たら絶対に必要なスキル・能力を
ことのば子ども速読講座では指導していきたいと考えています。

追伸:初日の成果は…

「右脳を開発して…」というリクエストのあったお母様に
連れられて来たお子さん。
 
もともと読書家で、1日1冊くらい読んでいるらしいのですが、
初日の講座を終えた段階で、「いつもどおり気楽に読んで」
という条件で、1ページあたり5秒くらいで読めるように
なってしまいました。
 
速さが手に入ったことで、さらに読書が楽しくなる!
というのは、とてもいいことです。
ですが、その先にある「本当の読書力につなぐ」ことこそ、
重要です。
 
このスキルが本物の読書力につながるように、
丁寧に指導していきたいものです。(^^)

2019.04.10現在
すでに子ども速読講座は満席となっております。
席が空いたらご案内して参りますので、受講をご希望の方は、LINE@に登録して情報をウォッチしておいてください。


友だち追加

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA