音読スピードと読書力の関係

これまでにも、何度か書いたことがあるのですが、
ことのばでは、「音読のスピード(流ちょうさ)」を
国語力を計る一つの指標としてとらえています。
 
まだまだデータの数が少ないため、それほど
確かな指標として使える状態ではないのですが、
速読トレーニングが進むほど、
あるいは読書経験値が上がるほど、
音読のスピードも上がっていきます。
 
ただし、音読のスピードが上がるというのは、
別に「理解のスピードが上がる」ことを意味しません。
 
単に、視野が広がって、的確に初見の文章を
読み進めることができるというだけです。
 
 
ちなみに、NHKアナウンサーだった方が、過去に
フォーカス・リーディングの講座にこられたことが
あるのですが、驚くべきことに「読み上げている箇所」の
10行程度先まで目で追っているんだそうですよ。
 
それだけ先まで俯瞰しているから、文章の抑揚、
ブレスの取り方など、さっと差し出された緊急ニュースでも
流ちょうに読めてしまうんですね。

というわけで、朗読(スピード音読)のテストをやってみた!

子ども達も、さすがにそのレベルは無理ですが、
視野を広げて、少し先までを俯瞰しながら読む力を
手に入れることで、流ちょうで間違いのない音読が
できるようになると考えています。
 
教室で音読テストに使うのは、アンデルセン作
『絵のない絵本』という作品。
 
ひらがな表記が多いため、広い視野で文字を
受け止める力と、瞬時に文節の切れ目を判断できる
文章スキーマが要求される作品です。
 
これを450文字前後の文字量になるように、
読む範囲を指定して、子ども達に
「できるだけ流ちょうに読もう」と促します。

参考データ:寺田の朗読タイム

私が落ち着いて流ちょうに、抑揚を考えながら
朗読した場合、かかった時間は67秒。
ちなみに文字数は句読点を含めて約430文字です。

読書が大好きで、日常的に読書をしている小学6年生

寺田が読んだものと別の箇所のデータです。
なお、すべて別の生徒(小学6年生)です。

  • 文字数約470文字、所要時間:75秒、つっかかった回数:5回
  • 文字数約490文字、所要時間:59秒、つっかかった回数:6回
  • 文字数約470文字、所要時間:64秒、つっかかった回数:1回

だいたい、似たような数値になっています。

読書が苦手な男の子のデータ(小5-中1)

こちらもすべて別の子どもです

  • 文字数約460文字、所要時間:277秒、つっかかった回数:17回
  • 文字数約460文字、所要時間:125秒、つっかかった回数:12回
  • 文字数約460文字、所要時間:126秒、つっかかった回数:14回

 

読書力と音読スピード&流ちょうさは相関関係にある!

非常に当たり前で想像通りの結論ですが、
読書力、読書経験値と音読スピード、流ちょうさには
相関関係があります。
 
では「音読スピードを上げたら読書力が上がる」のかといえば、
それは違うと思います。
 
ただ、音読のさせ方(取り組ませ方)次第で、
読解力、国語力の向上につなぐことができそうだとは
感じています。
 
これまでおこなってきた英語力(読解力)指導の方法を
応用することで、一定の成果を上げられるのではないか
という仮説を持っているんですね。
 
 
5月から、この音読トレーニングと、作文トレーニングとを
子ども速読講座に導入していく予定です。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  2. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  3. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  4. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  5. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  6. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  7. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  8. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  9. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  10. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-1-8

    「チーム学校」を本当に機能させるために必要なこと

    いよいよ新学期です。   うちの息子も、朝からばたばたしながら、 大量の荷物を抱えて学校に駆け…
  2. 2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…
  3. 2016-3-31

    小学校で増加する「個人に応じた指導」の投資対効果

    2016.03.28付け日経新聞に、 小学校での少人数指導が増えており、 全体の67%に及んでい…
  4. 2015-10-6

    「塾に通わせる」は子どもへの投資か?

    息子が小学校4年生になって、お友達の中に「塾」にかよう子が増えてきています。 これまでも水泳、習字…
  5. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る