「国語指導ってどうしたらいい?」と悩む指導者は、まずこれをやろう!

よく相談されるのですが、「国語って勉強のさせ方が分からない」という方、多いんですよ。
 
「とにかく読解問題に数多く当たらせて、少しずつ力を付けさせる」というような、効果不明の力業で指導なさっている先生方も多いようで…。
 
 
本当は、国語って短期間でもそれなりにレベルアップが可能です。もちろん、根本的には読書経験値の積み上げにかかってはいるのですが。
これについては以前、「比較的短期間で国語力をアップさせるために」というテーマで、記事を書いたことがあります。

実際、今も中学3年生にこのやり方で指導しています。
 
具体的な取り組ませ方はこんな感じ。

  • 使うのは市販の読解力をテーマとした問題集。
    ちなみに、現在、指導に使っている問題集はこちら。
    『中学国語 読解トレーニング 基礎編』
  • 課題文をまず2回、音読する。
  • 3回目には指示語を○で囲み、接続詞には傍線を引く。
  • さらに2回、音読する。当然、書き込みをした言葉は意識に残りやすいため、文章のつながりを意識しながら音読することになる。
  • 5回終えたところで初めて設問に取り組む。

国語が苦手…という生徒でも、これだけ丁寧に読めば、設問をさくさくっと解き、正解できるものです。
 
今まで丁寧に読んでこなかっただけって事ですね!(笑)
 
当然、読解の問題集ですので、「指示語」「内容一致」「理由説明」などのテーマが設定され、受験向けの読解テクニックも学べます。
 
うちのような読書・速読教室をやっている場合には、もっと「長文読解」にフォーカスした『論理エンジン』のようなテキストの方が適しているとも言えるのですが、一般的な読解力養成の場合は、この(↑)テキストがいいかなと思って選書しました。
(現在指導している中学3年生は速読講座を受講していません。)
 

 
「今、すでに持っている読書力」を前提として、短期間でとなると、これがもっともシンプルなやり方です。
 
ただ、ある程度の長期間にわたって指導する場合には、読解のセンスと問題解答のセンスをセットで磨いていけるような指導技術をメソッドとして学ぶ必要があります。
単に「数をこなさせる」だけよりも、もっとセンスが磨かれるような読み方を手に入れさせた方が断然いいに決まっていますからね。
 
そういう場合、単に「指示語と接続詞」というようなパターン化した書き込みではなく、もっと読解ポイントに応じて線を引かせた方が断然効果的です。
 
その指導書としてお薦めなのが、こちらの書籍。
『国語が得意科目になる「印つけ」読解法』

 
基本的に「受験の国語」をターゲットとした学習指導メソッドなのですが、国語を専門としない塾の先生やご家庭の保護者の方々が国語指導をしようと思った時に、この指導法を知っておくことは大いにメリットがあるはずです。
何しろ、指導者は「こういうところに線を引いてご覧」と、方向性の指示を出すだけで、子どもが勝手に学んでくれるわけですから。
 
 
線を能動的に引いていくということは、学習の中でフォーカスが定まるということ。
 
そして、フォーカスを明確にして丁寧に文章を読む練習をすると、漫然と読むのと比べて、学習効果が非常に高くなるものなのです。
 
指導者にとって一番つかみどころがない「国語指導」が、「線の引かせ方」という具体的なメソッドとして学べるというのはありがたいですね。
 
ぜひ参考にしてみてください!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  2. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  3. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  4. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  5. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  6. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  7. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  8. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  9. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  10. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-4

    「子どもに英会話」のママは何を求めているのか?

    英会話教室のGABAが、2016.01.20付けニュースリリースで、「子どもの受験と英語教育に関する…
  2. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  3. 2016-4-30

    子ども達の学力を奪っているのは、あの灰色の男たちだ!

    今、中高生の学力が、ある種の危機に瀕しています。   何やら灰色の男たちが、夜昼かまわずやってき…
  4. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…
  5. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る