子ども達に文学作品(名作)を読ませるわけ

ことのばでは、週に1冊以上の読書を勧めています。
 
読書が苦手で、まったく本を読まなかった子でも、
3ヶ月も経つと、週に1冊の読書はまったく苦でなくなります。
 
ただやはり、最初の頃は短編集だったり、
エンタメ系のストーリーだったり、
読みやすいものが中心。
 
そこから徐々に文字が多く、
内容も難しい文学作品や説明文に
読む本のレベルを上げていくようにしています。
 
とりわけ、名作と呼ばれるものや、
明治・大正期の文学作品を
読むことを大事にしています。
 
夏目漱石、森鴎外、新美南吉といった文豪達の
作品ですね。
 
エンタメ系の本ならさくさくっと楽しめる子でも、
このあたりを読むのは、さすがに骨が折れます。
 
それまで週に1、2冊読めていた子でも、
名作・文学作品となると読むのに時間がかかり、
読むペースが落ちることもあります。
 
いきおい、めんどくさいと感じることもあるようです。
 
でも、そこをがんばって慣れさせるのです。
 
何のためか?
 
1つには、言葉を丁寧に音にして受け取り、
味わうためです。
 
感覚的にさくさく読んで楽しめる本を
いくらたくさん読んでも、
言葉の響きやリズムは身につきません。
 
美しい言葉とそのリズム、絵画的な描写など、
名作と呼ばれる文学作品でしか堪能できない
世界がたくさんあります。
 
もう1つには、正しい日本語、格調高い文語を
体にインストールするためです。
 
言葉は生き物ですから、
時代とともに変わっていくものであることは
間違いありません。
 
しかしそれでも、日本人として
私たちの祖先が使い慣わしてきた言葉を
身につけて欲しいと、私は考えています。
 
正しい日本語を身につければ、
 
おいしくないです

なんていうテキトーな日本語は使えなくなります。
 
そういう言葉のセンスをインストールして欲しいのです。
 
そして、そういう言葉をたくさんたくさん、
あびるほどに読んでいくことで、
人の心を震わせるような、素敵な文章を
書くことができるようになるという
うれしい副産物もついてきます。
 
慣れないうちは、
ついつい集中力も切れ気味になります。
 
しかし、姿勢を正して集中して読むようにすると、
少しずつ集中して読める時間が長くなっていくもの。
 
そういう心静かに言葉と格闘する体験は、
揺るぎない集中力を作る
大きな要因になっているように感じます。
 
そういう本って、大人になって読もうと思うと、
本当に骨が折れますし、
目の前の仕事に追われ、その仕事に直結する本を
ついつい手に取ってしまいます。
 
子ども時代に、上手に導いてやって、
名作をできるだけたくさん読ませておきたいものです。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  2. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  3. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  4. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  5. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  6. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  7. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  8. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  9. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  10. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-1

    学校外の勉強時間増加はよい傾向か?

    2016.01.29の日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。 学校外の勉強時間 高校生…
  2. 2016-1-9

    女子から数学・理科の能力を奪っているのは誰か?

    昨年、小保方さんが注目を集めることで、一時流行後的に語られた「リケジョ」。   なぜリケジョが注…
  3. 2015-11-30

    小学校のアクティブ・ラーニングは「いつか来た道」?

    今、世間でちょっと話題のアクティブ・ラーニングとは何か? アクティブ・ラーニング(能動学習)と…
  4. 2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…
  5. 2016-2-4

    「子どもに英会話」のママは何を求めているのか?

    英会話教室のGABAが、2016.01.20付けニュースリリースで、「子どもの受験と英語教育に関する…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る