子どもの春休みに、親として考えるべきこと、子どもにさせるべきこと

小中高校とも卒業式を終え、
在校生もぼちぼち春休みシーズンです。
 
春休みは、
一部の高校生や受験生を除けば、
宿題もないし、気軽に楽しく過ごせる
貴重な長期休暇。
 
でも、親としてはそれを微笑ましく
眺めているだけではいけないんですね。
 
年度が変わるタイミングは、
子どもにとっても、
何か新しいことを始めたり、
今までグダグダになっていたことを
初心に返ってやり直したり…
そんな「心機一転!」の絶好の機会でも
あるんです。
 
特に「学年が上がる」という事実の前に、
勉強のやり方を考えようという親子の会話が
スムーズにできる数少ない機会。
 
学年別に、春休みにしておくといいかな、
というポイントを簡単にご紹介します。

1.小学校 新2-4年生

まだあまり勉強ができている、できていないに
こだわる必要がない学年です。
 
ただ、これまでの勉強への取り組み方を
振り返って見直す作業は必要です。
 
宿題を「とりあえずやる」というレベルで、
雑にやっつけてしまってなかったか。
 
漢字は丁寧に書けているか。
計算を雑にやって(ミスして)なかったか。
ノートの使い方(取り方)はどうか。
 
そういう基本的な姿勢が
4年生以降の学習に大きな影響を
与えますからね。
 
強いて「これをやろう!」と言うとしたら
読書と日記(作文)、そして漢字ですね。

2.小学校 新5-6年生

小学校4年生から
少しずつ学習内容が高度で
抽象的なものになっていきます。
 
そして、その分、理解力、計算力が
上がっています。
 
算数は5年生に上がる前に、
基本的な計算からちゃんとやり直すと
「算数が苦手(嫌い)」という子でも
意外とリカバー可能だったりします。
 
逆にそれでも計算、漢字に
難があるんだよね…という場合は、
このタイミングで、学校や塾の
先生に相談することをお薦めします。

3.中学校 新1-2年生

中学校の勉強は、それまでの内容を
しっかりと理解しておかないと
新しい学年の内容が分からないように
なっています。
 
特に英語と数学は。
 
なので、小学校時代の算数、
中1の数学と英語に関しては、
ある程度、この春休みで弱点補強を
しておきましょう。
 
ただし、それは何か問題集を、
負荷をかけて必死でやるような、
そんなハードなものである必要はありません。
 
数学であれば
教科書の「基本問題」「基礎練習」だけを
ピックアップしてやりなおす。
 
英語であれば、
教科書準拠問題集の
基礎・基本問題集を丁寧にやる。
 
そのくらいで問題ありません。
 
問題ありませんといっても、
そこができていないのであれば、
必死でやりましょう!

4.中学校 新3年生

以前の記事で高校受験の準備について
書きました。

この記事にもあるのですが、
何はともあれ、「これから受験に向かうんだ!」という
モチベーションを上げること、
 
今の自分に何が欠けているのか、
これまでの勉強で何が足りなかったのか、
そんな現状を正しく認識することが
ここでの最重要課題です。
 
はっきり言って本格的な受験勉強は
夏休みからでも十分に間に合います。
 
この春休みにやるべきは

  • 目標(進路)の確認(どうして高校に行きたいのかなど)
  • 3年生になる上での心構えの確認
  • 英語・数学の基礎固め
  • 勉強のやり方、時間の使い方の方針決定

といったことだと気楽に考えましょう。
 
もし学習塾に行っているのに
成績が上がっていないなら、
塾の選び直しも1つの課題になりますね。

 
 
というところで、
全学年に共通しているのは、
勉強のやり方の確認、基礎固め、
そして勉強をする意味の確認といった
姿勢作り、モチベーションアップです。
 
もし、お近くにお住まいでしたら、
ことのばに相談に来てくださっても結構ですよ。(^^*
 
無料で相談に乗らせていただきます。
 
ただし、学習指導はいたしません。すみません。

関連記事

  1. これで勉強が捗る?⇒正しい仮眠の取り方

  2. 読書における『「分からない」が分からない』問題

  3. 授業を最大限に活かす!効果的な学習の戦略とは?

  4. 下がるモチベーションを上げ続けるための最強の一手は何か?

  5. 「読むのが面倒」な教科書を、生徒にどう読ませるか?

  6. 勉強がんばったのに、成績が伸びてない…のはナゼ?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。