国語の問題集を「反転」させてみる

反転授業の話題が何かと教育界に飛び交っている今日この頃ですが、国語の問題集(論理エンジン)を子ども達にやらせていて、思い立ってやらせ始めたことがあります。
 
それは「反転回答法(適当ネーミング)という演習方法です。
 
きっかけは3年前にさかのぼるのですが、「正しいものを次の(あ)〜(お)から選びなさい」という問題だと、国語が苦手というか自分の頭で考えるのが苦手な子どもは、こんな手順で解くんですね。
 
1.ほぼ直感(フィーリング)で回答する。
2.答え合わせ
3.A.正解⇒「やったー、当たってた!」
 B.不正解⇒1に戻る
 
せっかくの国語の問題集も、これでは価値がありません。
 
そこで苦肉の策として生まれたのが、書籍『子どもの速読トレーニング』で紹介している方法。

 問題を解いたあと、本人に答え合わせをさせず、保護者が答え合わせをしてください。そのとき、○・×をつけてしまうと、間違った問題だけに意識がいってしまいます。記号問題なら他の記号から正解を探すだけの作業になってしまいかねません。
 そこで、「○個、間違った問題があるよ」とだけ伝えるようにしてみてください。
 そうすると、すべての問題を点検しなければならなくなります。それによって、すべてをゼロベースで確認していくクセが身につきます。どうしても正解にたどり着けない場合は、どこでつまずいているのかを丁寧に確認していき、自力で正解にたどり着く方法が身につくようにしてあげましょう。

これまで、基本的にこれでやっていたのですが、ある問題に行き着きました。
 
それは、

  • 教室でやると途中で時間切れになる。
  • 自宅でやると親が根負けしてしまい、なーなーになる。

という問題です。
 
受験対策の学習塾のような、本人も必死の教室であればスムーズに行くだろうと思うのですが、勉強が苦手な子だと教える大人が上手に思考を導いてやらないと、思うように進まないんですね。
 
それだと完全個別指導になってしまい、ちょいと大変です。
 
ある家庭は、お父さんが本気モードでとことんつきあってくれたおかげで、自分でちゃんと考えられるように也、その後非常にスムーズに勉強が進むようになりました。でも、すべての家庭でそううまくいくものではありませんし、教室指導だと人数が多くなったら破綻します。
 
そこで、新しいシステムを採用してみようと、ちょっと実験してみています。
 
それは、記号問題の正解を最初に提示して、「なぜ、これが答えなのか、分かりやすく解説しなさい」という具合に、正解の根拠を子どもに考えさせるという方法です。
 
接続詞を選ぶ問題であれば、どの言葉とどの言葉の関係から逆説だったり順接だったり、因果関係だったりを判断したのか。
 
国語の問題をフィーリングではなく、根拠を持って回答するというスタンスを作っていくのにはよさそうです。
 
ただ、これも人数が多くなってきたら、あらかじめそういう解説記入用の解答用紙を用意しておかなければなりませんね。
 
 
ともあれ、この反転回答法なかなかいい方法だと感じていますので、ぜひご家庭でもお試しあれ♪(^^*

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  2. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  3. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  4. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  5. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  6. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  7. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  8. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  9. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  10. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-5-29

    福岡市立学校で飲酒検査で○○が確実に下がる!

    今日(2015.05.29)の西日本新聞朝刊に衝撃のニュースが掲載されていました。 福岡市…
  2. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  3. 2016-2-1

    学校外の勉強時間増加はよい傾向か?

    2016.01.29の日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。 学校外の勉強時間 高校生…
  4. 2016-3-31

    小学校で増加する「個人に応じた指導」の投資対効果

    2016.03.28付け日経新聞に、 小学校での少人数指導が増えており、 全体の67%に及んでい…
  5. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る