高校入試の、苦手な国文法をどう攻略するか?

現在、中3生の指導をしておりますが、
やはりというべきか「国文法」で悩む子がいます。
 
まぁ、悩みますよね。
自分の中学時代を考えてもそうでした。
 
まず「分からない」感覚。
そして「分かったとしても、問題として出されると悩む」感覚。
 
それをどうクリアして「分かるし、できる!」に変えていくか?
 
うちの教室で指導している方法をご紹介します。

0.やや薄めの国文法の問題集を用意する

モチベーションを落とさないために、達成感を味わわせながら進めるため、できるだけ易しい問題メイン、しかも薄くてあっという間に終わりそうな問題集を選びます。
 
取り組むごとにページの上の角を切り落としながら「やった範囲の見える化」をすると、心理学で言う即時強化の原則が働き、先に進める意欲がアップしていきます。

1.「解説」を気軽に読ませる

苦手意識を持っている子は、解説を読みながら「めんどくせ!」って思ってしまいます。
「全然、分かってないし、憶えてない」てな感じですよね。
 
それでネガティブな気持ちになってしまうと、勉強が進まなくなります。
ですから「へー、そうなんや。ふーん。」くらいのノリで、とにかく気楽に解説を読ませます。
分かろうとしない、ただ確認するだけでOK。
 
ここが第一段階。

2.基本問題に取り組ませる

だいたい解説とセットで、基本問題とか基礎演習みたいな問題があります。
それに取り組ませます。
 
これは「テスト」ではなく「実際のテストでの出題パターンを確認する」つもりで気軽に体験させます。
分からなかったら、今、読んだばかりの解説を確認させましょう。
それでも分からない場合は、後回しにして、すべて解いた後で答えを確認。
 
今、分からなかった問題は答えを写しながら、なぜその答えになるのかを確認。
間違えた問題も、正しい考え方を確認。
 
大事なコトは「できていなくて問題なし」で、「今、そういう状態だ」ということに過ぎないって、クールに認識させることです。

3.解説+基本問題を3周取り組ませる

面倒くさがらせず、そこそこ丁寧に解かせます。
さっきもできていたところは「これはこうだったね」という程度に。
さっき間違えた問題は「さっきはこう間違えたけど、正しくはこうだよね」というくらいで。
 
解説だけ読んでも無機的・抽象的過ぎて「分かりづらい」と感じていたことも、問題を何度も解いていくうちに、どういう文脈でどういう問われ方をするのかが、腑に落ちて分かるようになってきます。
 
3回目でも解けない(間違えてしまう)問題があったら、付箋を貼らせておき、後で指導者が手を入れましょう。
その上で4周目以降は、「間違えた問題だけ」に絞って、ノートに丁寧に問題を写し、考え方、解法のステップを丁寧になぞりながら解かせましょう。

4.発展問題に取り組ませる

発展問題も「チャレンジ・体験」という位置づけで取り組ませます。
問題を丁寧に読み、丁寧に解かせるようにしますが、10秒以上考え込むのはNG。
 
分からない問題は付箋を貼っておいて、後で解説を読みながら解くことにします。
 
大事なコトは、前と同様、「出題のパターン、解答のパターンを学ぶ体験をしている」と考えさせること。
 
これはスムーズに解けて正解した問題は1度でクリアとして扱い、間違えた問題だけを2周目以降取り組んでいきます。
すべてがクリアになったら終了です。

5.ちょっと難しめの問題集にトライ!

応用問題という位置づけで、新しい問題集を用意しましょう。
同じような問題でも、出題の角度が変わると頭を使うことになります。
今回の狙いは「角度の違う問題に、頭を使いながら取り組む」ことです。
 
ただし、1問につき10秒以上、考える時間をかける必要はありません。
解説は必要に応じて読み、基本問題、標準問題、応用問題にも丁寧に取り組んでいきます。
 
このとき、悩んだ問題、間違えた問題には印を入れておき、「解き直し」の対象とします。
 
これで、すべての問題をスムーズに正答できるようになるまで繰り返します。

6.まとめ的お話

このやり方なら、文法が苦手な子でも、まったく負荷がかかりません。
しかも短期間ですべての範囲を終えることができるので、「ステップアップ感」「達成感」が味わえて、モチベーションがキープしやすいというメリットもあります。
 
この原理となる解説はこちらの記事をどうぞ。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  2. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  3. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  4. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  5. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  6. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  7. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  8. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  9. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  10. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-4-30

    子ども達の学力を奪っているのは、あの灰色の男たちだ!

    今、中高生の学力が、ある種の危機に瀕しています。   何やら灰色の男たちが、夜昼かまわずやってき…
  2. 2015-12-30

    モンスターペアレントは誰が育てているのか?

    ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  3. 2016-1-9

    女子から数学・理科の能力を奪っているのは誰か?

    昨年、小保方さんが注目を集めることで、一時流行後的に語られた「リケジョ」。   なぜリケジョが注…
  4. 2015-12-2

    日経【小学生「英語授業面白い」72%】は誰への皮肉か?

    一昨日の日経新聞朝刊(2015.11.30)にこんな記事が掲載されました。 ◆小学生「英語…
  5. 2015-11-23

    ニュース「照葉小中 連携に効果」から考える「学校と地域、そして家庭」

    2015.11.21付けの西日本新聞に「照葉小中 連携に効果」とする記事が掲載されました。   …

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る