仕事が忙しい中、いかにして資格試験の短期合格をものにするか?

資格試験、専門領域学習について、こんな「とまどい」はありませんか?

  • 重要語句、馴染みの薄い用語がなかなか頭に残らない…
  • 長い学習期間だと、立てたスケジュール通りに学習が進まない…
  • テキスト、ノート、問題集をどう使ったらいいんだろう…
  • 集中力が上がらなくて、だれてしまうことが多いんだけど…
  • このジャンルの専門的、体系的な知識を手に入れようと思ったら、どう学習を進めていけば効率的なんだろう…

忙しい社会人にとって資格試験に合格しようと思ったら、こういったいくつかの課題が必ず生まれます。
 
これらの悩みは、従来通りの学習スタイル、学習方法ではなかなかいい解決策が見つかりません。学習のスタイルと手法をまるごと変える必要があるのです。

学習というのは「時間」によって成立するわけですから、究極的には「時間を増やす」か「時間あたりの価値を高める」かしかありません。
resource-exchange

速読をマスターしたら資格試験の学習は楽勝か?

ひょっとすると、あなたは「3倍速の速読術をマスターすれば、3倍効率を上げられる」と考えて速読をマスターしようと考えたかも知れません。確かに、それも1つの解決策です。
速読を身につけられれば、それだけで試験対策は非常に楽になるのは確か。
 
しかし、それは車の片輪に過ぎません。
 
速読術をマスターしてみて、あなたはとまどうはずです。
 
「速く何度も繰り返しても、記憶に全然残らない…orz」
 
記憶術を学んだ人も、実は同じ悩みにぶつかります。
 
「量が膨大になると、いちいち○○法なんてやってられない…orz」
 
残念なことに、速読術をマスターしようが、記憶術をマスターしようが、根本的な学習の進め方、勉強法そのものを変えない限り、劇的な効果は望めない── それが真実なのです。
 
根本的な解決を目指すなら、次のような方向性で「生活全般、学習のやり方そのもの」を変えていく必要があるのです。

いかにして時間を生みだし、その価値を上げるか?

1.学習時間を増やす

仕事のスピードを上げたり、無駄をなくしたりすることで学習時間を増やす ──
仕組みを作るとか、速読を身につけるとか、そういう工夫が必要ですね。

  • 「今はやらないこと」を決める。
  • お金を使って人に何かをお願いする(お金で時間を買う)。
  • 通勤方法を徒歩・自転車・自家用車から公共交通機関に変えるなど、学習に使える時間を生み出す。
  • 仮眠を上手にとって、夜の時間を有効活用する。

他にどんな工夫ができそうでしょうか?

2.ちょっとした時間を有効活用する力を身につける

10分あれば充実した学習ができるという瞬発性の集中力を身につけたいところです。

もちろん「facebookをスマホから消す」というような、気を散らさない仕組み作りも必要ですね!

3.ながら学習を可能にするツールを使う

ウォークマン(スマホ)や単語カードなどを有効活用することで、これまでなら学習に使えなかった時間を学習時間に変えることが可能になるかも知れません。

4.時間あたりの価値を高める

速読術をマスターすることで、同じ時間でこなせるページ数を数倍に増やすことが可能になります。といっても、単に「速く!」ではなく、Uのプロセスを意識して学習手順そのものを組み替え、プロセス(フェーズ)ごとにふさわしい読み方をしなければなりません。

あるいは、単に学習法を変えるだけでも「アタマに残る」量が圧倒的に増え、学習が捗るようになります。

 
これらの「学習を効果的にこなすためのポイント」をブログの「まとめ記事」として整理していますので、よかったら眺めてみてください。

そして、これらを「あなたの具体的な問題」に落とし込んで対処法・学習プランを作ることで、今まで悩まされてきた「全然進まない」とか「範囲が広すぎて、やってもやってもどんどん忘れていく」といった問題を完全に解消してしまうことが可能です。
 
これまで、様々な方の学習支援をさせていただきましたが、「憶えられないと思っていたのは、やり方が悪かっただけだったんですね!」といった驚きの感想をいただいています。
 
勉強というのは、やり方を変えるだけで、それまででは考えられない成果を上げられるものなのです。
hyperlearning-samples
 

これまで「記憶は繰り返し」と信じてやってきましたが、なかなか用語などを覚えられず苦労していました。繰り返すにも”やり方”があり、方法を少し変えただけでこれほど劇的に変わるというのは、ちょっとショックでした。(苦笑)

科目も非常に多岐にわたる上、論述試験、短答式試験などパターンも違うため、なかなか勉強が進まずに苦労していました。今回教えていただいたU理論学習法だと確信を持って先に進めていけるため、進度が大幅に上がりました。

会社の経営をこなしながらの試験勉強でしたが、iPhoneを活用した音声学習とフラッシュ学習で、図に関する問題、論理的な解答を求められる問題などにも十分な対策ができました。

買ってきたばかりのテキスト(弁理士)が、たった30分の演習で100ページ終えられたのは、いい意味で衝撃でした。(笑)おかげで、3日で1冊、一通り終えることができました。試験までのスケジュールを大幅に見直せそうです。

この3年停滞していた資格試験のテキストが1冊、たったの30分で終わってしまいました。これまで悩み停滞していたのは、考え方の問題だったことが分かりました。明日から、一気に進みそうです。

自分の中で悩んでいた部分に対して、質問できる機会が多かったので満足感が高かった。実際の方法を学んだ後に、自分のテキストを使って実践できたのはとてもよかった。30分でテキスト1冊の復習できた体験は今後の励みというか自信になりました。

疲れた時(休憩時)に横になって寝るのではなくxxxxするという方法は、実際に家で試してみたら効果抜群でした。

学びをマネージメントするという発想(回数の管理に着目する、90分の中で復習まで取り入れることなど)は斬新ですぐに活かそうと思いました。

速読と資格試験勉強の融合ができなくて悩んでました。しかしこのセミナーで解消でき、専門的な学習がスムーズに行くようになりました。

資格に対して気持ちで負けていたと思います。大したことないと思えました。気持ちで勝ったと思います。

成果度外視!というのが衝撃でした。何となくそういうことなんだろうなぁと、薄ら薄ら分かっていたのですが、それを1語にまとめて頂いて、バーンと意識のど真ん中に来た!みたいな感じです。腹に落ちた!みたいな。このセミナーの真髄ではないかと。

最近では、こんな喜びのメッセージもいただきました。

先生のお陰で、少し自信がつきました。
今までの勉強時間より、少なかったのに、高得点を出すことが出来ました。
もっと早く、先生に出会ったいたら、私の人生は大きく変わっていたかもしれません。
(社会人で資格学校に通うKさんからのメール)

現在、先生に教えて頂いた勉強法で苦手だった生物の勉強をしています。
速読で1日に2回ほど参考書の全てのページを読んだあと、1日で1章ずつ、重要語句を赤シートで隠して、思い出しながら読めるように学習を進めています。
(浪人生T君からのメール)

高速学習講座・特別個人コーチングコース開講!

昨年の秋からスタートした司法書士スクールの支援が今月(2016年6月)で終了して指導に余裕ができるため、毎月、1-2名程度ではありますが、高速学習講座のコーチング受講者を募集します。

ちなみに、この講座とコーチングで、あなたはこんなメリットを手にすることが可能です。

  • 大量の語句や数値を、頭をひねらずに記憶に残せるようになります。
  • 仕事の傍ら、無理なく試験勉強を進めていけるプランの立て方が分かります。
  • 立てたプランを確実にキープし、勉強をコンスタントに続けていけます。
  • 「時間」と「モチベーション」のマネジメントが可能になります。
  • 膨大なテキストを無理なく、何度も学習し、理解・記憶のムラをなくせます。
  • 特定のジャンルの専門家(第一人者)になるための、教材の選び方、学習の進め方が分かり、短期間で専門性を高めることが可能になります。

指導および教材の内容

1.高速学習メソッドの学習(動画教材を提供)
 ⇒学習法の理解と自分の学習の問題点の洗い出し
2.電話/Skypeによる学習方針、プランの相談
3.学習プラン確定
4.テキストおよび問題集を使った速読学習の指導
5.最初の3ヶ月は2週間ごと合計6回の電話/skypeコーチング
6.4-9ヶ月は1ヶ月ごとの電話/skypeコーチング(それ以降は任意で継続)
7.ネット(専用サポート会場)を利用した学習上の問題解消アドバイス

 

受講資格

以下の条件に合う方は気軽にご相談ください。

  • フォーカス・リーディング集中講座を受講済みの方
    もしくは2016年7 or 9月講座を受講する方
  • 資格試験もしくは大学入試の受験のためにすでに学習を開始しており、1年以内にケリを付けたいと思っている方

実際の指導内容

1.高速学習メソッドの学習(動画教材を提供)
2.自分の学習の問題点の洗い出し
3.電話/Skypeによる学習方針、プランの相談
4.学習プラン確定
5.テキストおよび問題集を使った速読学習の指導
6.最初の3ヶ月は2週間ごと合計6回の電話/skypeコーチング
7.4-9ヶ月は1ヶ月ごとの電話/skypeコーチング(それ以降は任意で継続)
8.ネット(専用サポート会場)を利用した学習上の問題解消アドバイス

費用

1.フォーカス・リーディング3日間集中講座を1年以内に受講した方
それ以前に受講して、現在ビジネス読書道場会員の方
2016年7-9月に受講する予定(申し込み済み)の方
  • 最初の3ヶ月:月額18,000円 ⇒9,000円
  • それ以降:月額8,000円 ⇒5,960円
これから7月から9月までの集中講座に申し込む方
2015年5月以前に集中講座を受けて、現在ビジネス読書道場の会員でない方
  • 集中講座受講料:168,000円 ⇒128,000円
    ※受講済みの方は9月に再受講orフォローアップ講座受講してください。
  • 最初の3ヶ月:月額18,000円
  • それ以降:月額8,000円
ご注意など
  • いずれの場合も、コーチングの費用は「月々払い」です。不要と判断した時点でキャンセル可能です。
  • 4ヶ月目以降、電話での相談が不要と判断した場合、「ネット相談のみ」に切り替えられます。その場合の費用は2,980円です。
  • ネット相談も不要になった場合、それ以降は月額1,200円で「集中講座受講者サポート(速読のサポート)」に切り替えていただけます。もちろん、「それすら不要」という場合には費用はかかりません。(ただし、集中講座受講者としてのサポートが受けられなくなります。)

【集中講座受講料について】
大幅値引きになっていますが、これは以下の条件が付いての金額です。
・講座の3日目は参考書・問題集を使ったテキスト速読限定
・事後3週間の集中サポートの代わりに学習のコーチングをおこなう

なお、何か気になること、質問・相談がある場合はメールでお問い合わせください。
このサービスを利用したい場合は、受験する資格、受験時期など具体的な情報を添えてご相談ください。

メールで相談する

自分一人で取り組みたいと思ったら?

特に個人的に指導してもらわなくても、動画教材だけあれば自分で勉強法を変えられるのに…
そうお考えの方には、過去に開催した高速学習講座の様子をすべて動画に収めたものを動画教材としてご利用いただけます。
 
ご提供するのは、

  • 高速学習講座を収録した動画(5時間程度)
  • 講座使用した資料(ワークは最新版をご提供します)
  • 教材に関する不明点に関するサポート

という3点です。
 
オンラインでのサポートをご希望でしたら、3ヶ月サポート(月額2,980円×3ヶ月)がセットになったタイプをご利用ください。
※電話/skype相談はついておりません。

お申し込み(カード決済/コンビニ決済のみ)

3ヶ月のサポート付き:25,800円
 
サポートなし(教材のみ):19,800円

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


ピックアップ記事

  1. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  2. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  3. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  4. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  5. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  6. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  7. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  8. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  9. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  10. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-1

    学校外の勉強時間増加はよい傾向か?

    2016.01.29の日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。 学校外の勉強時間 高校生…
  2. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  3. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  4. 2016-4-4

    大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

    大学を出たからといって、 それに見合う就職ができるわけではない。   そんな話をたびたび書いて…
  5. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る