講座開講から半年が経過しました…【ことのばNEWS】

※以下、毎月最初の回で保護者向けに発行しているお便りからの転載です。
 
こんにちは、子ども速読講座、講師の寺田です。
 
早いもので、4月の開講から半年が経過します。
入会時点で期待していた成果を、お子さんは手に入れているでしょうか?
 
おそらく、いや間違いなく「集中力」と「ある程度の読書習慣」は手に入っているでしょう。
ただ、毎日の集中力トレーニングを通じて養われる「気持ちを切り替えて、勉強や読書に集中する」という状態が手に入っているか、あるいは少しずつでも難しい本に挑戦しよう、図書館から本を借りてきて読もうというような姿勢がみについてきたかな、と考えてみてください。

親子で半年間を振り返ってみてください!

親子de応援日記をお配りしていますが、ご活用いただけているでしょうか?
 
とにもかくにも、子どもがやっていること、自分で決めたことを「応援する!」というスタンスが重要です。
そして、時には時間をゆっくり確保して、親子で「ここまでやってみてどう?」と振り返りの会をしてみてください。ただし、「なんでできなかったの?」的な問い詰めることは避けてくださいね。
 
そうではなく、「何が変わった? 何が変わらなかった?」というところから始めて、少しずつ具体的に質問しながら、「どうしたら、もっと自分が思う”いい状態“になると思う?」というふうに質問するのです。(問い詰める、というのは「尋問」ですからね。 )

  • 読書は楽しくなってきているかな?
  • 学校の勉強、授業の受け方に変化はできてきたかな?
  • これから学年の終わりまでの半年間、どんな本をどれくらい読めたら理想的かな?
  • 集中して勉強に取り組めているかな? どうしたら集中できるかな?
  • 速読は、読書や勉強に生きているかな? どうしたら活かせそうかな?
  • もっと速読講座を活かしていくためには、日頃どんなことを考えたらいいかな?

そんなことを質問しながら、お子さんの抱えている問題を引き出し、もっとがんばるためのヒントを一緒に考えてみてください。
 
子どもにやる気を出させるのは、親の言葉です。やる気を失わせるのも同じ。
ぜひ、親子で一緒になって、お子さんの未来を創っていきましょう!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  2. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  3. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  4. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  5. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  6. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  7. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  8. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  9. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  10. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-30

    小学校のアクティブ・ラーニングは「いつか来た道」?

    今、世間でちょっと話題のアクティブ・ラーニングとは何か? アクティブ・ラーニング(能動学習)と…
  2. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…
  3. 2016-2-11

    福岡県「全県立校に電子黒板」の怪

    2016.02.09付けの西日本新聞の朝刊に「全県立校に電子黒板」と題して、こんな記事が掲載されてい…
  4. 2015-11-15

    キラキラネームはもう古い?キラキラな子の未来やいかに?

    今年になって、いわゆる「キラキラネーム」から離れて、呼びやすく、日本的な名前に揺り戻す動きが出てきた…
  5. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る