「子どもの速読」の基本

基本的に、子どもに速読は不要。
もし、速読を学ばせるなら慎重に!

 
子ども速読講座を運営している人間が言うのもなんですが、子どもに速読を指導する上で、このことは肝に銘じておかなければなりません。

子どもにとっての「読書」とは何か?

大人が速読を学ぶ理由は明確です。
 
「情報取得の効率を上げるため」── ずばり、これに尽きます。
 
そして、その前提は「読書そのものが目的ではなく、何かを達成するための手段である」ということ
 
だから、「読書そのものが目的」となるストーリーを楽しむとか、著者の世界観を楽しむとか、そんな読書では効率を求めることは、あまりありません。
 
しかし、なのです。
 
子どもにとって、「読書が何かの手段」である状況は、それほど多くなく、「本を読む」という行為自体が目的となることの方が多いのです。
 
「世界を広げる」とか、「読書力を高める」とか、「言葉の響きやリズムを味わう」とか・・・そんな教育的な意味も含めて。
 
読書そのものが目的なのに、そこに効率を求める意味はありません。
 
また、教育的な視点から見ても、人の成長に効率を持ち込むことはきわめてナンセンスです。

「受験」に速読は必要か?

受験では、確かに「読む作業」は手段。効率を求めても悪くない場面ですね。
 
しかし、それが真実だとしても、「この子は、テストの問題を解くのに時間がかかるから速読をマスターさせよう」というのは早計です。
 
テストを解くのに時間がかかるとしたら、それは単に勉強不足。「じっくり考えて解けば正解できる」のは勉強量が足りないと考えるべきなのです。
 
学習は、正確かつスピーディーにこなせるようになるまで反復練習をおこなうのが基本と考えなければなりません。
そして、そこにいたる勉強法を工夫すれば、今までの勉強時間と同じか、それ以下の時間で、十分にそのレベルを達成することが可能です。
 
そのことを十分に理解した上で、Uプロセス学習理論のUのカーブを下るプロセスで速読を活用することは、とても価値があることです。

子どもに速読を学ばせる上で気をつけるべきこと

成長のただ中にいる子どもにとって必要なことは、丁寧に文章を読み解くことであったり、作者と対話をしながら読み進めることであったりと読書のプロセスそのものを、十分に体験することです。
 
価値ある読書を積み上げることで「読書力・読解力」が高まります。
 
そうすると、自然と読書スピードは上がっていくもの。
 
ベースの能力が高まっていないのに、無理をしてスピードだけを上げてしまえば、読み方が雑になったり、表面的に言葉をなぞるだけで読んだことにしてしまったりと、弊害の方が大きくなります。
 
私の元に寄せられた相談でも、「速読を学ばせたら国語と算数の成績が下がった」というような声が複数ありました。
 
もし、速読を学ばせたいとお考えなら、熟読玩味し文章を味わう読書や、読解力を高めるトレーニングなども十分におこなうことをお忘れなく!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  2. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  3. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  4. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  5. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  6. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  7. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  8. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  9. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  10. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-12-30

    モンスターペアレントは誰が育てているのか?

    ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  2. 2015-10-28

    小学生からプログラミングを学ぶ時代?

    昨年あるいはもう少し前くらいから、「習い事」として「プログラミング教室」が人気なのだそうですよ。 …
  3. 2015-12-22

    高校教育がどうやらヤバいことになっているらしい件

    今朝(2015.12.22)の日経新聞、教育欄に早稲田大学教授菊池栄治氏の寄稿が掲載されています。 …
  4. 2016-1-16

    N高等学校+代ゼミNスクールという妄想(もしくはà la carteな学びについて)

    今週半ばの日経新聞に カドカワと代ゼミが タッグを組んで予備校をオープンするという 小さな記事…
  5. 2015-12-7

    多様性を認めたらクラスが「崩壊」した思い出

    私は高校教師時代、何かと管理職からにらまれておりました。   理由は「型にはまらなさすぎる」から…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る