集中して読書・勉強するために、まず…?

速読のレッスンをしていて、何かと気が散る子どもがいます。
 
どういう子かというと、、、
 
机の上が散らかっている子。
 
資料が乱雑に重ねられていたり、さらにその上に、カバンがドサッと乗っかっていたり…。
 
それを片付けさせるだけで、子どもの集中力が無駄に切れずにすみます。
 
講座の進行もスムーズになりますし、大いに助かりますね。(^^*

具体的に指示を出す!

ただ、子どもに「片付けなさい」と言っても、ダメなんですね。
 
右のものが左に移動し、机の上のものが椅子の上に移動するだけだから。
 
混乱の度合い、カオスレベルは変わりません。
 
だから、「○○をフォルダにしまって、××をカバンに入れて、カバンを横にかけなさい」てな感じで、具体的に指示を出してやる必要があります。
 
そして、「片付いた状態」が当たり前になるまで、毎回、面倒くさがらずに指示を出し続けること。
 
それが習慣になってしまうまで!
 
なかなか大変ですが、学習や読書の効果を最大化するためには、絶対に必要な習慣です!

関連記事

  1. 【子ども速読】読書のストレスを取り除くだけで…

  2. 「授業を聞く力」を高めるノート・トレーニング

  3. 速読で子どもがどう変わるのか?

  4. 子どもは速読の修得が早い、は本当か?

  5. 子どもにとっての速読トレーニングの意味

  6. 広い視野の中で情報をとらえる

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。