速読トレーニング3ヶ月!…なのにスピードが上がらない?!(汗)

子どもの速読トレーニングを続けても、なかなか読書スピードが上がらない子もいます。
 
通常なら1-3ヶ月もあれば、1p9秒で読めるようになります。
「読める」といっても、それで楽しめるわけではありませんので、あくまで「測定上の数値」に過ぎませんが…。
 
ちなみに、子ども速読講座では、4種類の「活字をとらえるスピード」を測定します。

  • A.ページ全体を面でとらえ、高速に見ていくスピード
  • B.ページ右端から左端へスキャナーでスキャンするように見ていくスピード
  • C.流れだけをつかむような速読のスピード
  • D.普段通り丁寧に読んだ時のスピード

ここでいう読書スピードというのは、【D】のスピード。
それでも、これは単なる「測定上の数値」なんです。
 
これについては、こちらの記事で丁寧に解説していますので、興味があればご一読ください。

 
上の記事に書いてあることをヒトコトでいえば、「測定上9秒で読めるようになったからといって、勉強・読書で、期待した成果が得られるとは限らない」ってこと。
 
それでも、この「1p9秒で読める」といのは非常に重要なのです。
それは次の3つの要素がひとまず実現した状態と言えるからです。

  • 力まない集中力が高まった。
  • 活字を読み取るストレスが取れて、視野が広がった。
  • 「読書って、意外と楽!」と感じられるようになった。

 
実際、これまでに受講した子ども達の例を見ても「速読をマスターした」⇒「成績がアップした」ということはまったくなくって、「速読をマスターした」⇒「いろいろな本をたくさん読むようになった」⇒「成績が上がった」というパターンなんです。
 
だから、本当のことをいうと、速読トレーニングを受けたからといって読むスピードが上がらなくても、全然気にする必要はありません。

これはあくまで「子どもの速読」の話ですよ。
大人は「速さ」というオプションを持っているかどうかで、読書量も読書の質も劇的に変わりますから。

それよりも、宿題の音読は流ちょうになってきたか、日常の読書は楽しめるようになってきたか、読書の量が増えたり、バリエーションが増えたりしたか、そういうことを気にしたいところです。
 
速読はあくまでオプション。ツール。手段。
本丸は、あくまで「本をどれだけストレスなく楽しめるようになったか」です。
 
ということは、子どもに速読を学ばせるのであれば、「読書環境」の整備もセットでしておきたいところですね。

  • 食卓で本、読書のことを話題にする。
  • 静かに読書をする時間を親子で確保する。
  • 一緒に書店や図書館に行く。

速読トレーニングをしていて、測定上の数値に変化がないってことは、何か読書にストレス、困難を抱えているって考えて間違いありません。
親、指導者は、「上がらない」ことを問題にするのではなく、それを「読書にストレスがあるサイン」と受け取る必要があるってことなんです。
 
その原因がどこにあるのか、親御さんと情報交換、意見交換をしながら探っていきたいところです。
 
逆に!
 
測定上の数値はめちゃくちゃ上がっているのに、実際の読書に変化がないとしたら?
それも、数値と現実のギャップをちゃんと探らなければなりませんね。
 
いずれにせよ、数値上の問題に振り回されず、それをどう判断して、よりよい読書作りに活かすかっていう発想で参りましょう!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  2. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  3. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  4. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  5. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  6. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  7. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  8. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  9. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  10. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-3-22

    子どもの「学校外の学習時間」が回復!⇒これは吉報か?

    2016.03.21付け日経新聞に、「学校外の学習時間 90年水準に」という見出しの寄稿記事が掲載さ…
  2. 2016-3-14

    数学が苦手な女性教師が、数学が苦手な女子をつくる

    2009年に公表された論文ですが、ちょっと面白い内容でしたので、簡単にシェアします。   論文は…
  3. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…
  4. 2016-2-4

    「子どもに英会話」のママは何を求めているのか?

    英会話教室のGABAが、2016.01.20付けニュースリリースで、「子どもの受験と英語教育に関する…
  5. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る