なぜ、留学は投資として「割に合う」のか?

留学はそれなりにお金がかかったとしても、かなり割のいい投資になる。── そう確信させる記事が、昨日(2015.12.17)の日経新聞に掲載されていました。
 
私がこれまで関わってきた「留学経験を持つ学生」を見て、感覚的には分かっていたことです。それが、より明確になったという感じ。

留学で人生を劇的に変えた学生さんの話

例えば、私の西南学院大学での授業を1年半受講してくれた学生さん。
彼は高校時代まで、それほど成績優秀だったわけではありません。しかし、留学経験で人生が劇的に変わってしまったようでした。
 
「日本人ができるだけいない学校を探して留学してきました」と語っていましたが、その学ぶ意欲の高さ、行動・実践力といったサバイバル能力の高さは目を見張るレベルでした。TOEICの点数も300点台から800点台へと500点アップしたそうですが、彼を見ていると「英語なんて些細な問題」と思えます。
 
さらに、私の速読講座・読書力養成講座を受けて、読書量も「年間200冊」を越えるくらいになり、情報力も劇的に上がりましたし。
この秋に大学を卒業しましたが、見事に希望する会社に就職を決め、「数年以内に海外拠点開発に挑みたい」と抱負を語ってくれていました。

留学によって手に入る果実とは?

その日経新聞の記事では、こんなことが書かれています。

海外の大学で学位を取った人は、留学経験がなく国内大学を卒業した人に比べ、就職後の年収が男性で平均70万円、女性で同109万円多いことが、明治大の横田雅弘・国際日本学部長(教育学)らのグループの調査で分かった。

ちなみに横田先生という方は、ご自身もハーバード大学教育学大学院を出ていらっしゃって、現在は明治大学の国際日本学部の学部長を務めつつ、留学に関する研究に取り組んでいらっしゃいます。
 
今回の調査ではどうやら次の2つのことが判明したということのようです。

  • 「海外の大学で学位取得」vs「日本国内で学位取得」
    ⇒就職後の年収で男性平均70万円,女性平均109万円の差が付いている
  • 「語学学校も含めて海外留学経験あり」vs「経験なし」
    ⇒意欲や考え方にも変化が生まれている

つまり「お金」の面でもリターンが期待でき、さらに「マインド」の部分でも期待できるという結果なのです。

お金の面で割に合う

今回の調査で「年収」の差があるとされたのは、海外の大学で学士を取った人。
これは最低でも4年間、そこで学んだということであり、ちょっとした短期留学とは違います。
ざっくり計算すると4年間で1000万程度の費用がかかるようです。
 
それでも、日経記事にあるとおり年収にも大幅な差が生まれるのであれば、十分に大きなリターンが期待できるということになります。
 
大企業で海外赴任を任されるということもあるでしょうし、外資系企業であれば就職は有利になるでしょう。先の記事によると、年収が上がれば上がるほど、「海外学士」と「国内学士」の比率の差が大きくなっていますからね!
 
実際、数日前の日経マネーには「富裕層最大の投資は「教育」 海外で語学と人脈づくり」と題する記事が掲載されています。
 
なんでも、日本の富裕層は税金対策と子どもの教育を兼ねて海外に移住し、人脈ネットワークと世界トップクラスの教養を身につけさせているんだとか。

マインドの面でも割に合う

そこまで本格的な留学でなく、短期の語学留学であっても意識面で変化が生まれることも間違いありません。それが「意欲や考え方にも変化」という部分。
 
海外に留学しようと思う時点で、すでにチャレンジ精神があることは間違いありません。それが海外経験によって増幅されるってことでしょうか。記事ではこんなことも書かれています。

学生生活で向上したと考える能力を聞いたところ、経験者の85.8%が「柔軟性」、79%が「忍耐力」が伸びたと感じていた。

よく語られることではありますが、異文化に触れることで、ものの見方、とらえ方が変わるといいます。すべて自分の力で何とかしなければならない環境で過ごすことで、サバイバル能力も高まっているでしょうし。
 
私が高校教師として関わった数名の若者達にも、この「サバイバル能力」の高さを感じます。みんな「大企業で終身雇用」とか「安定のために公務員」とか考えておらず、自分の納得する生き方をたくましく貫いています。
 
年収という分かりやすいリターンがなかったとしても、このサバイバル能力を身につけさせるためだけでも、我が子には留学させたいと心から思いますね。
 
 
ということで、お金の面でもマインドの面でも大きなリターンが期待できる留学。
 
投資額はかなり大きなものではありますが、それは「割に合う」投資であることは間違いないようです。
 
さ、私もがんばって貯金しよう♪

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  2. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  3. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  4. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  5. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  6. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  7. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  8. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  9. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  10. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-12-30

    モンスターペアレントは誰が育てているのか?

    ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  2. 2016-6-11

    学校教育に「正式な教科書」として電子書籍導入、確定?

    ここ数日、新聞やテレビのニュースでも、 いよいよ2020年に電子書籍が正式な教科書として 導入さ…
  3. 2015-12-2

    日経【小学生「英語授業面白い」72%】は誰への皮肉か?

    一昨日の日経新聞朝刊(2015.11.30)にこんな記事が掲載されました。 ◆小学生「英語…
  4. 2016-4-30

    子ども達の学力を奪っているのは、あの灰色の男たちだ!

    今、中高生の学力が、ある種の危機に瀕しています。   何やら灰色の男たちが、夜昼かまわずやってき…
  5. 2016-3-18

    タブレット学習は、子どものどんな力を創っていくのか?

    メディア論についての、ある本の序論に、こんな言葉があります。 「私たちは自分たちの必要に合…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る