3匹の子ぶた英語教材(その2)

以前ご紹介した「3匹の子ぶた」英語教材の続編(3部作中の第2部)です。

教材(テキスト+音声)

PDFテキスト

音声(2本)

★センスグループ(チャンク)ごとにポーズがある音声

★通常の音声

この教材を効果的に活用するためのポイント

基本的にUプロセスに沿った学習をしていきます。
具体的な方法は、上に紹介している記事を参照して確認してください。
 
最初の音読ではチャンクごとに日本語の意味を確認しながら、そして前のチャンクとのつながり(=文の構造)を意識しながら、ゆっくりと読み進めてください。
 
一文が終わる毎に、その「文の意味」も軽く確認するようにして。
 
今回は、センスグループごとにポーズがある音声と同じくらいのペースで音読して、そのペースで日本語訳が頭の中に構築されるようになったら入力完了とします。(前回は「5回程度」としていましたが。)
 
それ以外は変わりありません。
もちろん、1回で入力完了を目指さなくても、1週間、毎日同じ教材、同じパターンで学習をおこない、最終的にスムーズに読んで日本語が構築される状態を目指しても問題ありません。

ご注意など

もし、もっと基本的な5文型パターンのトレーニングをしないといけないかもと思ったら、中学校の教科書や高校の副教材(文型トレーニング)を使って、同様の手順で学習してみてください。
 
これは野球でいえば「素振り」みたいなもの。
これを徹底することで、体が英語語順で意味をつないでいくことに順応していくものなんです。
 
では、ぜひ(反復演習を)楽しみながら、体を英語に順応させていってください!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  2. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  3. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  4. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  5. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  6. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  7. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  8. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  9. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  10. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  2. 2015-12-4

    子どもの貧困、1学年の子どもだけで4兆円の損失!⇒だから?

    昨日の日経新聞オンライン版(速報)で「子どもの貧困」に関する、こんなニュースが掲載されました。 …
  3. 2016-1-16

    N高等学校+代ゼミNスクールという妄想(もしくはà la carteな学びについて)

    今週半ばの日経新聞に カドカワと代ゼミが タッグを組んで予備校をオープンするという 小さな記事…
  4. 2016-2-26

    文系・理系の選択、その判断を決めるものは?

    2016年2月25日付け日経新聞にこんな記事が掲載されました。 大学で理系学部に進学した人…
  5. 2015-12-2

    日経【小学生「英語授業面白い」72%】は誰への皮肉か?

    一昨日の日経新聞朝刊(2015.11.30)にこんな記事が掲載されました。 ◆小学生「英語…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る