「ペーター!個別指導なら成績上がるかもっていうのは幻想なんだってー!」

トップの画像が何か特定の学習塾を示唆しているとかとらえられたら心外です。
というか、それはあなたが気にしすぎているだけです。(きっぱり
 
 
それはさておき、世の中、「個別指導」をうたう塾がわんさかあります。
 
学校は基本的に一斉授業ですから、
そこでの学習についていけない子には
個別対応してくれる塾がいいのではないか?
 
そんな幻想にとらわれたご家族がお得意様です。
 
 
いや、別に個別指導がダメだって言いたいわけではありません。
 
ただ、一斉授業がダメだから個別指導に救いがあるのかも、というのは幻想に過ぎませんよ、と。
 
そもそも、なぜ集団の授業でダメだと思ったのでしょう?
 
先生の授業進度についていけず、置いてけぼりになってる?
 
確かにね。先生は設定された進度で、一方的に解説しているかも知れません。
ひたすらプリントをこなす状態かも知れません。
 
「ペーター!
 個別指導って、個別に丁寧に
 指導してくれのよねーっ!?」

 
個別指導ってヒトコトでいいますが、
ほんと、指導形態は塾によって千差万別。
 
単に「アドバイザー常駐型自習教室」みたいなところもありますからね!
実際、基本的に「自分で勉強する」んです。
 
それでも、先生は一人一人に、丁寧に対応してくれるってことになってます。はい。
 
「ペーター!
 個別指導の先生って、
 いろんな生徒の、いろんな教科の、
 いろんな質問に答えちゃうなんて、
 アルムのもみの木みたいねーっ!」

 
でも、基本的にバイトなんですよね…。(ぼそ
 
私は個別指導ではありませんでしたが、
塾講師時代、英語講師として採用されて働いたことがあります。
 
実際に指導していたのは、中1理科、中1数学、中1社会、中3数学、中学入試理科でしたが何か?
 
 
それにね、もし、個別で丁寧だとしても、
先生が指導のプロである可能性は低いわけですよ。
 
生徒より知識は持っているから、
知らないことを教えてくれるかも知れません。
 
でも、分からないことを、自力で分かるようになれるような
そんな勉強のやり方とか、考え方とか、指導できる可能性は相当低いんです。
 
個別で丁寧であっても、シロウトは所詮シロウト。
 
指導法を熱心に研究しているような先生であれば、
一斉授業であっても、ちゃんと一人一人の心と頭を動かして、成績を上げさせるんですよ。
 
 
「ペーター!
 じゃぁ、個別指導のいいところって何なのーっ!?」

 
 
ヒトコトで言うと・・・「儲かる」ってことですかね?
本部が。だから、この少子化時代に教室数が伸びているんですよ。
(憶測でものを言っております。すみません。)

 
 
実は最近、某個別教室にしばらく通わせた結果、
子どもの成績が落ちてしまったというお母様から相談がございまして。
 
「個別で成績が落ちた」という話はここ4ヶ月で5件ほどいただいております。
 
件の教室では、大学生が講師なんだそうで。
それが原因とは言い切れないんでしょうけど、ともかく成績が下がった、と。
 
ま、結局、教育って人で決まりますからね。
 
大学生だからダメとか、シロウトだからダメとか、そんな話ではありません。
(いや、最低ラインとして、そこは避けて欲しいところですが。)
 
どれだけ気持ちに火を付けてくれる人と出会えたか、なんです。
 
先生によっては熱意・想いで生徒の心に火を付けるでしょうし、
先生によっては熟練の指導技術と知性で生徒の心に火を付けるでしょうし。
 
個別がいいとか集団がいいとか、そういうことじゃないよ、と。
 
そもそも自分の姿勢が変わればすべてがよくなるはずですし。
 
だからね、「個別指導なら何とかなるかも!」というのは、単なる幻想に過ぎませんよ、と。
 
 
あ、そういえば、うちも「くくり」から言えば「個別指導」なんですよね。
一斉授業じゃないから。(笑)
 
知り合いの塾なんか、一人で30人面倒見てますが「個別」ですから。(汗)

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  2. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  3. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  4. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  5. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  6. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  7. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  8. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  9. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  10. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…
  2. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  3. 2015-11-15

    キラキラネームはもう古い?キラキラな子の未来やいかに?

    今年になって、いわゆる「キラキラネーム」から離れて、呼びやすく、日本的な名前に揺り戻す動きが出てきた…
  4. 2016-2-2

    大学入試新テストで、高校の現場はどう変わるか?

    2016.01.30の朝刊各紙で、大学入試新テストに関する新しい文科省方針が紹介されています。  …
  5. 2015-12-30

    モンスターペアレントは誰が育てているのか?

    ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る