AIはなぜ物理の問題を解けないのか?(そして読書のレベルを上げるヒント)

国立情報研究所などが開発を進めている「東ロボくん」が2021年度の東大合格を目指しているというニュースをご覧になった方も多いかと思います。
 
そういえば、最近、チェス、将棋、囲碁などBrain Sportsと呼ばれるジャンルで、次々にプロに勝てるようになっていっていますよね。

囲碁や将棋は打ち手の自由度の高さからコンピューターには難しいと考えられていたわけですが(持ち駒・碁石を自由な場所に置けるなど)、それすらもクリアしてしまったわけです。
 
入試なんか簡単じゃないの?
 
あ、国語は難しいかも…なんて思いますよね。
 
でも、意外や意外。
国語と同じくらい苦戦しているのが物理なのだそうですよ!
 
なぜ物理の問題に苦戦しているのか。
 
それは
 
コンピューターは常識知らずだから!
 
なんだとか。(笑)
 
今日(2016.02.22)の日経新聞の記事から引いてきますと、AIを苦戦させているのはこういう話なんですね…

例えば「時速40キロで走る自動車から後方に投げたボールの運動」について聞かれれば、人間なら誰でも、道を走る自動車の窓から外に向かってボールを投げる光景を思い描くだろう。その背後には、これまでの経験で培ってきた膨大な知識の蓄積がある。「自動車とは人が乗って動くものだ」「ボールは外に向かってなげた」「自動車には重力が働いている」。どれも問題文には書いてないが、当然の前提となっている。

なるほど、ガッテンですね。
 
言葉にわざわざ表現されていない「常識」が、短い問題文を理解するために必要だというわけです。
 
そういえば、大学入試には確率問題で「トランプ」が出されることはありますが、「UNO」が出されることはありません。これも「常識」として通用するものでないと不公平だからという理由です。
 
この話、私たちが子どもの「読書力」とか「学力」、あるいは「生きる力」を考える上でも、とても重要なヒントが詰まっているんです。
 
本を読む力は辞書と本があれば培われるなんてことはないんだ!ってこと。
そして、社会に出てサバイバルする力は、絶対に教室や塾の中では育まれないんだ!ってこと。
 
まぁ、あまり話を大きくしても何ですから、ここでは「読書」に絞った話を…。
 
私たちが本を読む時、よく「行間を読む」と言いますが、そこに「常識」を含めた既有知識スキーマ)があり、書かれている文字情報だけで足りない情報を推論しているのです。
 
心理学的な見地から勉強法について解説している、市川伸一氏による『勉強法が変わる本』によれば、私たちが本を読む際には次の3つを踏まえているといいます。
 
まず、私たちは本を読む時、言語的な知識を活用しています。語彙もそうですし、文法などの文章作法もそうです。
 
その「語彙」というのは辞書的な意味のみならず、自分の体験と結びつく広がりのあるものでなければ、なかなか「腑に落ちる」ところまでいきません。
 
ビジネス書でも、読者のビジネス経験や活躍ステージのレベルが違うと、手に入る情報がまったく変わりますよね。ラブストーリーでもそう。恋愛経験が豊富な人と、2次元世界しか体験したことがない人とでは、さりげない描写、言葉から得られる深みが違います。
 
次に内容に関する知識
これはもろにターゲットとなるジャンルにとどまらず、文化的・社会的背景、科学的・歴史的知識なども必要になるでしょう。「今、ここ」を知るためには、「昔」のこと、「広い世界」のことを知らなければなりません。
 
最後に社会経験的な知識
上記の「体験」につながるものでもありますが、ここでは「人とのつながり」「社会経験」から生まれる感情レベルのものを指しています。
 
 
先の「物理の問題を解けないAI」の話と重ねて考えると、私たちが子どもの読書力を高め、引いては「生きる力」を高めるために何をすべきかは明らかですね。
 
もちろん、様々な本を読むことはとても大切です。
その「様々」というのは、広いジャンルの本を指します。ただ量が多ければいいというわけではありません。
専門領域、ターゲットとは違うところの本をどれだけ読んでいるかで、本から得られる深み、奥行きが変わってくるわけですからね。恋愛小説も、SFも、古典作品も、文学作品も、戯曲も・・・節操なく読ませましょう!
 
そして、社会での体験。
何かを一生懸命にやり遂げた経験、世間でもまれた経験、知らないことに挑戦した経験…こういった経験・体験があって初めて価値のある読書が可能になるわけです。
 
本を読ませることは大切ですが、「よし、今日は本を置いて山に行こう!」そんな経験を子ども達にはさせてやりたいものです。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  2. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  3. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  4. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  5. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  6. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  7. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  8. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  9. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  10. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-6

    貧困の拡大再生産を食い止めるために、親は何をすべきか?

    2015.11.04付けの西日本新聞の1面トップは「子どもの貧困率」の記事でした。   「子ども…
  2. 2016-6-11

    学校教育に「正式な教科書」として電子書籍導入、確定?

    ここ数日、新聞やテレビのニュースでも、 いよいよ2020年に電子書籍が正式な教科書として 導入さ…
  3. 2016-4-4

    大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

    大学を出たからといって、 それに見合う就職ができるわけではない。   そんな話をたびたび書いて…
  4. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…
  5. 2015-11-8

    子どもに大学進学を考えさせる上で、もっと大切なこと

    小中学生でも、大学進学を希望する割合が高まっているんだそうですよ。 ちょっと古い記事ですが、今年(…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る