大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

大学を出たからといって、
それに見合う就職ができるわけではない。
 
そんな話をたびたび書いてきました。

そもそも「大学」とい一口にいっても、
本当に多種多様です。
 
ただ、その「多種多様」というのは、
今流行の「ダイバーシティ」というカタカナ言葉で
語られるような性質でないことはお分かりの通り。

単に「超ハイレベルな学力+アルファを持つ」学生から、
「小学生レベルの計算もおぼつかない」学生までの
学力の幅のみで語られます。
 
 
どうも、私たちは「大学」という場所を、
高等な学問を修めるところという認識、というか
「試験で高得点を取れる人が行くところ」という認識を
捨てきれないようです。
 
そこを捨てきれないから、
AO入試とか推薦入試というと、
「一般入試で入れない人が、
 違うルート(ずるいルート?)で入る」
というネガティブな感覚で見てしまいます。
  
でも、本当はAO入試とか推薦入試というのは、
ペーパーテストで計れない力、
魅力を持った学生を受け容れることで、
大学内の真の意味での多様性
生み出すための措置であるはずです。
 
 
それが現実には、

  • 大学にとっては、体のいい青田買いだったり。
  • 単なる受験機会の増加による学生獲得策だったり。
  • 受験生にとっては、少し無理目の大学に入るための
    オプションルートだったり。
  • 場合によっては、早々と受験を終わらせ、
    自由を満喫するための作戦だったり。

そんな本来のあるべき姿とは
大きくかけ離れた状態になっています。
 
もちろん、多様な学生が入ってきたところで、
やっている教育がそれに見合うものかどうかも不明ですしね。
 
 
この「学力というモノサシのみで大学をとらえる発想」を
大学も先生も親も学生も、そろそろ捨てないと、
みんながそろって不幸になる事態に陥りそうです。

  • 親と学生にとっては、大学は楽しかったけど職はなし、
    という残念な事態に。
  • 大学にとっては、一部の高偏差値の大学を除いて、
    「そもそも大学教育って何?」と疑問がわいてくるような、
    学位発行所にも似た存在に陥る事態に。
  • 社会にとっては、知識はあるけれど、
    いやそれすらもおぼつかない状態で、
    世界の最先端・最前線で戦える知性を持つ人財が
    見つからない事態に。

この不幸な事態は、「大学は知識と理解を問う試験で
いい点数を取れる人がいくところ」という、前時代的な
学力観、大学観から抜け出せ切れていないことから
生じています。
 
大学の後に待っているのは、
多様な社会、変化に富む社会、
常に変わり続ける社会。
 
大学を、その社会に出て行くための、
高度で総合的な知性と
高度なサバイバル能力を手に入れる場所と
定義し直せると、AO入試や推薦入試に臨む学生の
態度も変わるでしょうし、大学に入った後の過ごし方も
まったく変わりそうです。
 
AO入試にせよ、推薦入試にせよ、
「一般入試じゃ難しそうだから」という
消極的な考え方ではなく、
その方が自分の強みで、
学問の世界に飛び込んでいけるからという
積極的な考え方で利用する学生さんが
どんどん出てくるといいのですが。
 
そのためには、高校以下の学校が、
知識・理解を問う受験のための予備校を
劣化させたような授業を止める必要がありますよね。
 
本当の意味で「学ぶ」力を手に入れられる場所になる。
その覚悟が、高校以下の学校(の先生達)にあるか、です。
 
親もそうですけどね。
「テストの点が高い=学力が高い ⇒将来有望」という
高度経済成長期の幻影から、
そろそろ現実に目覚めなければ。
 
そこが担保されない限り、結局の所、
今、議論が進んでいる入試改革・高大接続改革も、
大学の多様化も、すべてがちぐはぐな
価値の見えないものになりかねません。
 
 
そんなこんなを考えながら、
東京大学の推薦入試とか、
早稲田大学が発表した「一般入試の比率を4割まで下げる」話とか、
入試にまつわるニュースと外野の反応を眺めていると、
ごく一部の、未来を見据えて変わろうとしている人達と、
なかなか古い価値観から抜け出せない人達の間の
微妙なせめぎ合いが、なんとも微笑ましく見えてきます。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  2. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  3. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  4. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  5. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  6. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  7. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  8. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  9. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  10. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-15

    キラキラネームはもう古い?キラキラな子の未来やいかに?

    今年になって、いわゆる「キラキラネーム」から離れて、呼びやすく、日本的な名前に揺り戻す動きが出てきた…
  2. 2016-1-8

    「チーム学校」を本当に機能させるために必要なこと

    いよいよ新学期です。   うちの息子も、朝からばたばたしながら、 大量の荷物を抱えて学校に駆け…
  3. 2016-6-11

    学校教育に「正式な教科書」として電子書籍導入、確定?

    ここ数日、新聞やテレビのニュースでも、 いよいよ2020年に電子書籍が正式な教科書として 導入さ…
  4. 2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…
  5. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る