子どもの「分かったつもり」「考えた気分」をリアルに結晶化させる練習

「言ってること、分かった?」── 「はい!」
 
「書いてることで、分からないことない?」── 「ありません!」
 
だいたい、できていない子に限って「自分はできている」「自分は分かっている」と思ってしまいます。そして、テストの結果を見て愕然とするんですね。(^^;
 
そこそこのレベルの大学に通う学生ですらそうでしたから、発展途上にある小中学生ならなおさらってものでしょう。
 
「自分の状態が分かる(認識する)」という行為(メタ認識)が、通常の学習の「何かを理解する」よりも高度な作業ですから、実は仕方がありません。
このことについての考察は、以前、こちらの記事でしていますので、興味がある方はどうぞ。

 
今日のテーマは、小学生にその状態をどうやって抜け出させるかって話。
あくまで仮説であり、ことのばではこうしてますよって話です。
成果が上がっている部分もありますし、まだ「手応え」レベルのぼんやりしたレベルの話もありますので、あくまで参考程度にどうぞ。

1.言葉のつながりを明確に整理させる

第一段階は「言葉のトレーニング」です。

  • どの言葉が何をさしているのか。
  • どの言葉がどの言葉を修飾しているのか。
  • どの言葉とどの言葉が係りと受けの関係にあるのか。
  • 指示語は何を指しているのか。
  • 接続詞は、前後のどういう文脈をつないでいるのか。

そういったことを、曖昧さを排除して明確にさせます。
 
これには3種類のトレーニングをさせています。

1-1.分けて・つなぐトレーニング

これは文節に分けた上で(「文節に分ける」作業自体はあくまでテクニカルなものなので重要ではありません)、文節どうしがどうつながりあい、係り、受けているのかを明示的に整理する作業をおこないます。
 
文章のどっかいにおける「なんとなく」「分かったつもり」を排除する第一段階の言語トレーニングです。
具体的にはこんな感じ。
分けて・つなぐトレーニング
 
☆サンプルのダウンロード⇒分けて・つなぐPDF版

1-2.イメージ化トレーニング

言葉で抽象的に表現されたものを、そのままにしておいては、「分かったつもり」で終わりがち。
言葉に表現されていることを、図やグラフなどに変換し、直感的に理解できるレベルまで具体化する練習をすることで、この状態を改善しようという試みです。
 
とれもシンプルなトレーニングでして、短い文章(算数の文章問題)を図やイラストで表現させます。
文章イメージ化トレーニング
 
イメージ化PDF版

1-3.接続詞・指示語を意識した読書

これだけ何とも頼りない印象ですが…(汗)
でも、間違いなく国語の成績が上がるトレーニングなんです。
 
やる作業は、単に「文章を読む時に、指示語と接続詞に線を引きながら何度も読む」だけ。
 
私たちは鉛筆で何かに書き込むと、そこに注意を向けて読むようになります。
それが「つながりを意識する」ことにつながっているものと考えられます。
 
詳しくはこちらをどうぞ。

もちろん、そこで手に入った認識(理解)が正しいのかどうか、読解トレーニングなどでチェックし、間違えていたら正しい読み解き方を確認しなければなりませんね。(^^)

2.「考えた気分」を明瞭な輪郭を持った思考に変える

どのトレーニングもそうなのですが、これは特に「やり方」を学ばないと、なかなか上手にできないものです。

2-1.文章トレーニング

問われたことに答えるのは「正解がある」ものなのですが、このトレーニングは正解がなく、雲をつかむようなもの。
「おもしろかった」「嬉しかった」という曖昧な言葉に、「なぜ?」「どういうふうに?」という問いでもって、明確な輪郭と、中身を描かせる練習をさせていきます。

  • 少しずつ自分の考えていることを、言葉にする練習。
  • 根拠を持って語る練習。

そんな練習ですね。
具体的には100文字、200文字といった文字数の文章からスタートして、徐々に長いボリュームでも整然と表現できるようにさせたいものです。

2-2.表現トレーニング

文章と並行しておこなうべきトレーニングですが、こちらは「言葉の使い方」を鍛えるものです。
やや高度な内容なので、かなり読書経験を積んだ状態でないと負荷が大きすぎるかも知れません。
 
これについては、よくできた問題集がありますので、それにじっくりと「体験させる」つもりで取り組ませるのが一番かな、と思います。
もちろん、そこで学んだものを膨らませるためにも、というより問題集で問われている意味を理解する大前提としても「幅広いジャンルの、大量の読書」が必要ですけどね!
 
 
まぁ、結局の所、「読書」があっての取り組みですし、あまりいろいろ考えずに日記レベルでいいので、想いを言葉に結晶化していくような日常的な取り組みこそが重要なんですけどね。
 
ここに挙げたような取り組みが、少しずつでも変革のきっかけになれば、ということで!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  2. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  3. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  4. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  5. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  6. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  7. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  8. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  9. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  10. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-23

    ニュース「照葉小中 連携に効果」から考える「学校と地域、そして家庭」

    2015.11.21付けの西日本新聞に「照葉小中 連携に効果」とする記事が掲載されました。   …
  2. 2016-3-28

    大阪市でタブレット配布&電子黒板設置スタート!

    昨日に続きタブレット関連の話題。   大阪市が32億円の予算を投じて、 市内の小中学校にタブレ…
  3. 2016-1-4

    「奨学金返還訴訟が激増」の根本問題はどこに?

    日本学生支援機構(旧日本育英会)による長期滞納者への一括返還訴訟が増えているんだそうですよ。 …
  4. 2016-4-19

    「プログラミング20年必修化」は教育に何をもたらすか?

    ただでさえ2020年の高大接続改革で 教育界がぐらぐらしている状態ですが、 またしても、政府が何…
  5. 2015-12-18

    なぜ、留学は投資として「割に合う」のか?

    留学はそれなりにお金がかかったとしても、かなり割のいい投資になる。── そう確信させる記事が、昨日(…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る