思考問題で使うのは「頭だけじゃだめよ」というお話

子ども達に難しい問題を、粘り強く考えて解かせる場合。
 
あるいは、私たち大人が、大きな問題を抱えて、その打開策を一生懸命に考える場合。
 
だいたいの場合、それはほぼ休むに似たりの状態になっているものです。
 
本人がどれだけ一生懸命になっていたとしても、ね。(^_^;
 
 
逆に世の中には、よくそこまで考えが及ぶなぁという人がいます。

  • 問題の所在を、モレなく、アナなく丁寧に考える。
  • 分析的に思考が深まる。
  • 驚くような発想が生まれ、思考が広がる。

考える達人、というべき人が。
 
その人達は頭がいいのか?
 
たいてい「頭がいい」と言っていいでしょうね。
ただ、それは先天的な頭の良さではなく、「頭の使い方を知っている」という意味での頭の良さです。
 
 
では、そういう人の頭の使い方、考え方にはどういう特徴があるのか?
 
 
それは目と手を使って考えているってことなんです。
 
例えば計算する場面を思い浮かべてみてください。
 
暗算するのは「暗算ができる程度の、簡単な、あるいはやり慣れたレベル」ですよね?
それを越えた計算だと、頭がぐるぐるしてしまって時間がかかる上に、不正確です。
 
紙に書くだけで驚くほど楽に、スピーディーに、かつ正確に計算できます。
 
これは計算に限りません。
 
頭で考えるより、紙に書きながら考えた方が、スピードも上がり、正確さが増し、しかも発想が広がります。
 
人間の脳みそは同時に何かを考えるのが苦手です。
しかし、その対象が「目の前」にあると、そこを起点にして発想できるため、「つながり」「広がり」を、負荷なく自在に生み出せるんですん。
 
これを「思考の外化」って言います。
 
「頭がいいなー」という人は、たいていの場合、こういう「書いて考える」ことを習慣にしてきています。
 
書くことで、頭の中に生まれた「思考の結晶」をさらに思考・分析の対象にして、正確さと広がりを深める ── そういう経験をしているんですね。
 
そして、長年書いてきている人は、それを自分流のメソッドに落とし込んでいます。
 
こんな思考の時はこんなフォーマット(フレーム、記号、矢印、色)・・・というような「型」を持っている人も多いものです。
 
 
これまでたくさんの中学生の指導をしてきましたが、成績がいい子はたいていの場合・・・

  • ノートの取り方に一工夫ある
  • 計算問題にせよ、文章問題にせよ、丁寧に書いて解く習慣がある

という共通の特徴があります。
 
成績が芳しくない、とりわけ数学が苦手な子は、

  • そもそも書いて考えない。頭がでぐるぐる考えてギブアップしている。
  • 書いたとしても乱雑で、すぐに紙の上が混乱する。

もちろん、大前提として「解き方」「考え方」を学んでいる必要はありますよね。
 

  • 問題の分解の仕方
  • ロジックの展開の仕方
  • 複雑な問題の整理の仕方
  • 図形問題を解く、糸口の作り方
  • 発想を広げる方法

などなど。
 
でも、そういうメソッドを学んだだけじゃダメ。
 
手を動かして、目で確認しながら考えていきましょう。
 
数学の文章問題を解くのが苦手なお子さんにも、これは意識させたいところです!

関連記事

  1. 子どもを叱らずに○○させるには、どうしたらいいんだろう?

  2. 義援金はどこへ送るのがベストか?

  3. 女子から数学・理科の能力を奪っているのは誰か?

  4. 夫婦協力体制、充実した兼業主夫を目指す!

  5. 「忘年会⇒後悔」から学ぶ、子どもへのリスクヘッジ教育

  6. あなたが学んだやり方では、子どもは伸びません!「指導者よ、もっと学習者…

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。