セミナーで声が出なくなった!⇒その結果、受講満足度が…(汗)

むかーしむかしのお話でございますが、某電力会社の社員研修に、毎年、講師として呼ばれておりました。
 
一般的に、大企業のサラリーマンさんというのは、往々にして「学びのための読書」と無縁な生活を送っていらっしゃるもので。(単なる私の偏見ですが。)
なのに、なぜか私のビジネス速読術講座は人気講座になっており、30名の募集に対して100名以上が集まり、3回往復ほど新幹線の旅をすることになったのでございます。
 
そんなこんなで3週連続3回の講座をすることになったある年、2回目の講座で、ランチを食べた後、なぜか急に声が出なくなるというハプニングに見舞われました。
 
マイクを使っても無駄なレベル。(一応、使いましたが。)
そもそも声になっていないんですね。
 
それでも、丁寧に声を絞り出しながら1日を終えたのでございます。
 
その翌週は快調にしゃべり倒して終了。
 
 
しばらくして「3回のセミナーの評価」が届いたのでございますが…。
 
毎回届けられる、受講者による4点満点の評価。
 
その結果が!(汗)
 
 
なんと!
 
 
なんと、声の出なかった回が一番高評価なんですよ。(笑)
 
声の出なかった回で、唯一評価が低かったポイントが「時間は適正でしたか?」というもの。
これに対する回答で「もっと時間をたっぷりとって取り組みたい」というものが多く、それが評価を下げていたんです。
それでも、全体の評価は最高。
 
 
その時は何とも複雑な、ちょっと笑っちゃうような感覚でしたが、学習理論を学んできた今なら、この意味が分かります。
 
実は、「声が聞き取りづらい講座の方が高評価になる」のは、理屈に合っているんです。
 
学習効果を考えたとき、分かりやすい内容、間違いなくやれるワークだと、その場の理解度・満足度は高まるのですが、すぐに忘れてしまうものなんです。
 
逆に、読みづらいフォント、憶えていそうで思い出せないワーク、やるのが困難なワークなどなど、脳に負荷がかかるものの方が学習効果が高いことが、科学的な研究によって明らかにされているんです。
 
そして聞き取りづらい講演も、同じような効果が働いたと考えていいでしょう。
聞き取りづらいから一生懸命に聞く、一生懸命にメモを取る。その結果、集中して取り組める、と。
 
 
学習の成果は、どれだけ集中して取り組めたか、どれだけ想起作業を繰り返せたか、どれだけ脳に負荷をかけられたかで決まります。

  • テキストを見ながら音読・筆写する
  • 間違えた問題をすぐに解き直す
  • 読みやすいテキスト、よくまとまったテキストで快適に学習する

こういう快適な学習を、できるだけ排除しなければ「がんばってるのに成果が上がらない」ってことになってしまいかねません。
 
 
お陰様で、どうしたら超効率的に学習を進められるのか、経験的な知見、科学的な知見からかなりの具体的なノウハウが蓄積されてきました。
 
近いうちに、それらを整理して発表できるように、現在がんばって編集作業を進めております。
楽しみにしていてくださいね。(^^)

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  2. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  3. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  4. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  5. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  6. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  7. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  8. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  9. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  10. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…
  2. 2016-1-8

    「チーム学校」を本当に機能させるために必要なこと

    いよいよ新学期です。   うちの息子も、朝からばたばたしながら、 大量の荷物を抱えて学校に駆け…
  3. 2016-1-15

    福岡県立高校入試における「内申書」の取り扱い

    すでに中学入試が始まり、 ぼちぼち高校入試のシーズンが 近づいています。   試験の点数はそ…
  4. 2016-1-16

    N高等学校+代ゼミNスクールという妄想(もしくはà la carteな学びについて)

    今週半ばの日経新聞に カドカワと代ゼミが タッグを組んで予備校をオープンするという 小さな記事…
  5. 2016-3-5

    プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

    ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。   1つはGoogleの自動運転車が…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る