丁寧に読む習慣を!【ことのばNEWS】

こんにちは、子ども速読講座、講師の寺田です。
早いもので2月になりました。寒さも相変わらずの厳しさですし、インフルエンザも徐々に広がってきているようです。
ご家族の皆様も、ぜひご自愛の上、お過ごしください。

「丁寧に読む」ことが読書を「学力」につなぐカギ!

前回、「基本的に本を読んだからといって、国語力が上がるわけではありません」と書きました。
現在、子ども達に取り組ませている「論理エンジン」は、読書を国語力、学力につなぐ非常に重要な手立てです。
ただ、子ども達を見ていると、どうも適当に読んで「あ、分かった」「なんだろう、ま、これでいいや」というレベルの答えの出し方をしているように見えます。
 
読解力は丁寧に読むことによって養われますが、「丁寧に読む」というのは、残念ながら自然体の読書、漫然とした楽しい読書では実現しないんですね。私たちは、思考回路を「自分にできる程度(の7割くらい?)」で働かせるものですから。
 
「自分なりに丁寧に読んでいる」では、自分が気づかないことを置き去りにしてしまいますから、丁寧な読書には必ず「発問」(問いかけ)が必要なんですね。国語の問題集に取り組む意味は、ここにあります。
なので、その問題集を適当にやっていては意味がありません。
 
「論理エンジン」については、こちらで責任を持ってやらせますが、ご家庭で、塾や学校の宿題、家庭学習教材などに取り組ませるときも、そのことを意識してみてください。
 
「勉強しているのに成績が上がらない!」という場合は超チェックです!
 
ちなみに、問題集への取り組ませ方については、書籍『子どもの速読トレーニング』に書いてありますので、確認してみてください。
 
なお、お子さんを通じてすでにお伝えしておりますとおり、この子ども速読講座は3月末でいったん終了いたします。(5月以降、天神もしくは高取で「速読・読書と文章表現のクラス」として再開する予定ではありますが、今のところ未定です。)
では、今月もどうぞよろしくお願いいたします。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  2. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  3. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  4. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  5. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  6. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  7. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  8. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  9. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  10. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-4

    「子どもに英会話」のママは何を求めているのか?

    英会話教室のGABAが、2016.01.20付けニュースリリースで、「子どもの受験と英語教育に関する…
  2. 2015-12-18

    なぜ、留学は投資として「割に合う」のか?

    留学はそれなりにお金がかかったとしても、かなり割のいい投資になる。── そう確信させる記事が、昨日(…
  3. 2015-12-4

    子どもの貧困、1学年の子どもだけで4兆円の損失!⇒だから?

    昨日の日経新聞オンライン版(速報)で「子どもの貧困」に関する、こんなニュースが掲載されました。 …
  4. 2016-1-12

    顧問複数掛け持ち経験者が語る「学校の部活動問題」

    先週末、Yahoo!ニュースにこんな記事が掲載されました。 [blogcard url="ht…
  5. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る