読書を国語力につなぐ3ヶ月に!【ことのばNEWS】

こんにちは、子ども速読講座、講師の寺田です。
 
あけましておめでとうございます。
短かった冬休みも、もう終わりますね。お子さんの1年のスタートの様子はいかがでしょうか?
今年度も残すところ3ヶ月となりましたが、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

これから3ヶ月の取り組みについて

ここまで「とにかく本を読もう!」ということで「冊数」を目標にして参りました。
この部分では、かなりいい調子で達成できているのではないかと考えています。そこで、いよいよ「質」に迫りたいと考えています。(秋にも似たような宣言をしましたが、ちょっと頓挫しまして…)
 
ここからは名作と呼ばれる文学作品や、科学読み物などにも積極的に取り組ませたいと思っています。
ただ(これまた前にも書いたことですが)教室で用意できる本には限りがありますので、ぜひ市の図書館や書店に家族で出向いて、「月に4〜8冊の良書」を目標に、親子で取り組んでいってください。
教室で基本を作りますので、その効果を引き上げるのは家庭の役割!とご理解ください。(^^*
 
さて、もう1つ。
1月から「文章読解演習」を取り入れます。これは第2週におこなっている「分けてつなぐトレーニング」の延長として取り組ませます。テキストは「論理エンジン」という市販のものを使います。
宿題として1回分を持ち帰らせますので、確実に家で取り組むよう、ご支援をお願いします。
 
基本的に本を読んだからといって、国語力が上がるわけではありません。
 
読書で「いい言葉」を仕込み、難しい文章を読み解く経験、緻密に言葉を紡ぐ経験を積みながら、それを「国語力」「学力」に変換する学習過程があって初めて、学校の勉強にも通じる読解力が手に入ります。
 
ここからの3ヶ月は、その大事な期間だと考えています。ぜひ、ご理解とご協力をお願いいたします。

レッスンの進め方について

昨年末にもお知らせしましたが、年明けからは毎回パソコンを使い、最初の30分間は「自律学習」の形でおこないます。最後の30分は、これまでどおり一斉のワークや演習をおこないます。
 
ただし、取り組むペースが様々ですので、個別対応で取り組ませることも増えてくる予定です。
 
では、本年もどうぞよろしくお願いいたします。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  2. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  3. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  4. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  5. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  6. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  7. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  8. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  9. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  10. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-4

    「子どもに英会話」のママは何を求めているのか?

    英会話教室のGABAが、2016.01.20付けニュースリリースで、「子どもの受験と英語教育に関する…
  2. 2016-2-1

    学校外の勉強時間増加はよい傾向か?

    2016.01.29の日経新聞朝刊にこんな記事が掲載されました。 学校外の勉強時間 高校生…
  3. 2016-3-18

    タブレット学習は、子どものどんな力を創っていくのか?

    メディア論についての、ある本の序論に、こんな言葉があります。 「私たちは自分たちの必要に合…
  4. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…
  5. 2016-4-4

    大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

    大学を出たからといって、 それに見合う就職ができるわけではない。   そんな話をたびたび書いて…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る