速読講座の新しいロゴマークを作りました!

今まで「ことのば」のロゴマークをそのまま「子ども速読講座」のマークとして使用していました。
これはこれで気に入ってまして、特に問題はなかったのですが、いよいよ来年には「子ども英語講座」や「学習教室」を開講する予定ですので、「子ども速読講座」だけのためのロゴマークを作ってみました。
 
コンペ形式で発注したのですが、どうも登録していたデザイナーが、ほぼアメリカ人だったらしく、コンペ参加者とのやりとりがすべて英語!(汗)
 
だいたいの読み書きは可能ですが、デザインの指示など細かなやりとりは、さすがに大変でした。(^^;
 
今はブルーの落ち着いた色味ですが、正式にはグリーン&ブラウンに変更予定です。
 
ちなみにモチーフである「ふくろう」はハリーポッターでは郵便物を届けるメッセンジャーとして登場しますが、ヨーロッパでは「知恵」の象徴として愛されています。
 
ヘーゲルが記した「ミネルヴァの梟(ふくろう)は迫り来る黄昏に飛び立つ」という言葉は、耳にしたことがある方も多いかも知れませんね。
 
そういうわけで、新しく採用した「ふくろう」。
 
いつか、キャラクター化するような日が来るでしょうか。(笑)
 
今日は簡単ですが、このへんで…

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  2. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  3. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  4. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  5. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  6. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  7. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  8. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  9. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  10. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…
  2. 2016-4-28

    デジタル教科書、2020年度には正式な教科書として導入?

    デジタル教科書についてはたびたびネガティブな論調で コラムを書いてきましたが、やはりというべきか、…
  3. 2015-11-15

    キラキラネームはもう古い?キラキラな子の未来やいかに?

    今年になって、いわゆる「キラキラネーム」から離れて、呼びやすく、日本的な名前に揺り戻す動きが出てきた…
  4. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  5. 2015-11-30

    小学校のアクティブ・ラーニングは「いつか来た道」?

    今、世間でちょっと話題のアクティブ・ラーニングとは何か? アクティブ・ラーニング(能動学習)と…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る