子ども一人ひとりにあった本を貸し出す図書館&コンシェルジュ?

塾には子供向けの洋書図書館が備わり、生徒一人ひとりに合った洋書を貸し出す。常駐の専門家が生徒の興味や語彙力をもとに本選びを手伝う徹底ぶりだ。
── 日経新聞電子版(2015.11.27)より

この記事のタイトルは「海外大めざす進学塾、安くないけど活況 小学生向けも」というもので、ハーバードなど有名だ学を含めて、海外の大学を目指す学生さんが増えてきているというものでした。
 
少し前まで「交換留学という好条件ですら、学生は手を上げようとしない」という話を大学の先生から聞いていましたので、ちょっと驚きです。
 
というか、一昔前と留学したいと思う層が変わっているのかも知れませんね。
 
親が、子どもの活躍の舞台や成長のステージとして「世界」を見ているかどうか。これは大きな要素でしょうね。
 
 
 
おっと!
 
今回気になったのは「留学」のテーマではなく「生徒一人ひとりに合った洋書を貸し出す」という部分。しかも「常駐の専門家が生徒の興味や語彙力をもとに」というから、ちょっと穏やかではありません。(私の心が、ね。)
 
今、ことのばでは、その子のだいたいの読書力に合わせて本を貸し出していますが、あくまで「本に親しむ」というレベル。
しかも、本のレパートリーも貧弱なので、どうしても「学校の図書館で、読みたい本を探してね」と言ってます。
 
 
もし、小さな図書館を作ることができたら。
 
その子の興味や語彙力、思考力に応じた本の選定ができ、さらに、その子の興味や知力を引き出し、高めるような課題を適切に与えることができたら──。
 
それがどれだけ、子ども達の学力と夢を育て、その子の進路を切り開く力になるか。
 
夢と妄想が広がりますね。
 
もちろん、コンシェルジュたるにふさわしい本への理解と指導のノウハウを構築していないといけないわけですけど。
 
まぁ、その前に、どんだけ膨大な書籍をそろえないといけないのか、と考えると途方に暮れますが。(笑)
 
 
ですが、私の作りたい塾というのは、本当はそういう場所なんですよね。
 
子どもが「言葉」とセットで「好奇心」と「知力」を高められる場所。
 
もっと学校の成績を!という時には、さくっと成績アップの指導ができて希望する進路を叶えられる場所。
 
 
とりあえず、目下、テナント探しの段階で挫折しております。
 
来年の春までに探せるといいんですが…!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  2. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  3. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  4. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  5. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  6. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  7. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  8. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  9. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  10. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …

教育問題コラムPick up

  1. 2016-1-4

    「奨学金返還訴訟が激増」の根本問題はどこに?

    日本学生支援機構(旧日本育英会)による長期滞納者への一括返還訴訟が増えているんだそうですよ。 …
  2. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  3. 2016-3-14

    数学が苦手な女性教師が、数学が苦手な女子をつくる

    2009年に公表された論文ですが、ちょっと面白い内容でしたので、簡単にシェアします。   論文は…
  4. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  5. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る