ひょっとして学習指導に悩みをお持ちですか?

今日は、塾や専門学校などで学習指導をおこなっている方、
あるいは資格試験の学習をなさっている方に、
 
あらゆる学習の問題と悩みを取り去る学習メソッドを伝授したいと
思うのですが、いかがなものでしょう?
 
 
ご存知の通り、今、私は小中学生の学習指導をしています。
 
これまで本当に様々な「勉強の問題」を抱えた
子ども達を指導してきました。
 
「漢字のテストが100点満点の30点とか
 せいぜい50点とかしか取れない」
 
「塾に通わせているのに、
 定期テストで70点前後しか取れない」
 
「中学に入学してこの方、
 英語で30点以上を取ったことがない」

 
そんな子達です。
 
社会人の方へのご指導もしています。
 
「医療系の専門用語が難しすぎて、
 まったく頭に入らない」
 
「試験範囲が広すぎて、
 全然試験範囲が終わらない」
 
「仕事が忙しくて、時間がなくて勉強が進まない」

 
そんな皆さんの悩みを「学習法の指導」という形で
解消してきました。
 
 
 
「学習法の指導」といっても、
別に特別なことを指導したわけではありません。
 
学習のやり方」と「学習のマネジメントのやり方」の
2つを指導しただけなんです。
 
そして、これは「誰にでもできる」と断言でき、
「間違いなく効果が上がる」ことを保証できる方法です。
 
 
 
例えば、社会人で看護学校に入学した女性が
学年末の試験でことごとく赤点を取ってしまい、
 
「もう留年しかない。というかやめるしかない。」
 
そんな状態で、相談に来られました。
(しかも追試の数日前)
 
私が学習法の指導に使った時間は、わずか3分。
 
それだけで「今までまったく頭に入らなかった」難解な用語が、
どんどん記憶できるようになり、
3日後の追試ではすべてクリアなさいました。
 
今も意欲的に学んでいらっしゃいます。
 
 
 
中学生の場合はお母さんからの相談でした。
 
「塾で学ばせているのに5教科で300点台しか
 とれない。(直近で360点)」
 
私がその子に関わって指導したのはわずか3回。
時間的には、恐らく60分程度。
 
最初の1回は、30分のカウンセリング。
その後、勉強のやり方を10分ほど指導。
 
2回目は、前回からやってきた内容を確認し、
問題点を指摘して、軌道修正のアドバイス。
 
最後の1回は、怠けていたので説教。(笑)
 
それで、最後の回の3週間後にあった試験では
5教科合計462点でした。
 
 
 
また別の中学2年生の子は
冬休み直前にお母さんからSOSをいただきました。
 
「2年生の2学期末考査まで、英語の試験で
 20点台しかとったことがないんです。
 冬休みの間、帰省して福岡で過ごしますから、
 指導してもらえませんか?」
 
その子はさすがに「英語の基礎」すらできておらず、
私としては珍しく「英語の指導」もおこないました。
 
9日間かけて中1・中2の英語の教科書をすべて
暗唱させてしまい、
さらに寮に戻ってからの学習の方法を伝授しました。
 
その結果、3学期の学年末考査では80点を取りました。
 
 
 
私はこの指導法を「高速学習法」と名付けて、
今も、この「ことのば」での学習指導と、
社会人のみなさんの資格試験指導に活かしています。
 
ですので、今回の話というのは、
 
あなたも、この高速学習メソッドを使って、
ご自身の資格試験の勉強や、
指導者であれば、学生さん達の学習を
根本から変えてしまいませんか?
 
そんな話です。
 
私としては、いずれこのメソッドを
読書法指導のメソッドとセットで
資格試験の学校や、学習塾に採用してもらって、
日本人の学力水準を圧倒的に高い水準まで
引き上げてもらいたいと思っているんです。
 
中身は極めてシンプルなので、
ちょっとやり方を学ぶだけで、
成果は完全に変わります。
 
時間がなくて勉強が進まない
 
とか
 
なかなか頭に入らなくて、勉強が進まない
 
といった悩みは完全に解消されます。
 
なにしろ「全然勉強ができない」と言っていた子が
勝手に勉強し始めて、勝手に高得点を取るように
なるんですから。

「誰でも簡単に実践できる」ことは間違いありません。
 
 
ただ、1つ問題があるんですね。
 
すぐに成果は上がるのですが、
どこかで必ず頭打ちになるのも確かなんです。
 
その原因はどこにあるのかというと、
 
「考え方の癖」
「集中力のむら」
「メタ学習能力の欠如」
 
といった問題です。
 
もちろん、それを解消し、乗り越えていく方法論も
確立しています。
 
では何が「問題」かっていうと、
やっぱり3ヶ月くらいは、学習をモニタリングしながら
そこをケアしていく必要があるってことなんです。
 
この「モニタリング」のノウハウも学ばないといけないんです。
 
 
今回は、従来、1日講座や動画講座でご提供してきた
「高速学習メソッドの基本」の部分に加えて、

この2年間の文献研究と、直接の学習指導で
完成度を上げてきた効率的・効果的な具体的学習法と、
 
モニタリングのノウハウと、
学習の軌道修正のノウハウもご提供することで、
 
より効果的な学習、あるいは学習指導のメソッドを
手に入れていただきたいと考えています。
 
 
開催日時は 11/19(土) 13:00-17:00。
開催場所は東京・秋葉原。
 
興味がある方は、ぜひ問い合わせフォームから
ご連絡ください。
 
詳細情報をお知らせいたしますので!
問い合わせフォーム

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  2. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  3. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  4. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  5. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  6. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  7. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  8. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  9. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  10. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-12-4

    子どもの貧困、1学年の子どもだけで4兆円の損失!⇒だから?

    昨日の日経新聞オンライン版(速報)で「子どもの貧困」に関する、こんなニュースが掲載されました。 …
  2. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…
  3. 2016-4-19

    「プログラミング20年必修化」は教育に何をもたらすか?

    ただでさえ2020年の高大接続改革で 教育界がぐらぐらしている状態ですが、 またしても、政府が何…
  4. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…
  5. 2016-2-2

    大学入試新テストで、高校の現場はどう変わるか?

    2016.01.30の朝刊各紙で、大学入試新テストに関する新しい文科省方針が紹介されています。  …

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る