なんで勉強しているのに成績が上がらないの?

よく通りすがりのお母様から「ここは何を教えてくださるのですか?」って質問されます。
「そもそも、ここは何?」という質問もありますし。
 
ことのばは、塾ではありません。
 
一応「自律学習支援教室」を名乗っていますが、ヒトコトで言えば「読書と学習を楽しむためのサロン」です。
 
タイトルにした「なんで、うちの子、勉強しているのに成績が上がらないの?」という悩みに、既存の塾とはまったく違うやり方で、徹底的に答えを出していきたいと思っています。
 
勉強って楽しい!が基本。
 
自分で自分を変えていくのって楽しい!
知らなかったことを知るのってワクワクする!
できなかったことができるようになるのって快感!
 
そんな気持ちを、小中学生のみなさんに味わってもらいたいと思っています。
 

教室のキャッチコピーは

「あびるほどの読書」と「学び方の学び」を通じた、
塾に頼らない学力作り

 
です。
 
分からないことを教えるような、親切な塾ではありません。
 
分からないことがあったら、それをどう解決したらいいか、方法だけを教えますよ。
 
それでキャッチコピーでは、暗に「うちは、塾じゃないよ」と言ってるわけです。
 
でも、塾に頼らないのと同様、うちにも頼りっきりというのは、ちょっとまずい。
だから、基本メニューは「3ヶ月コース」です。
 
あ、読書講座は別ですよ。
その後の飛躍に備えた基礎力作りですからね。
 
長期間かけて、じっくり力を育んでいきましょう。
 
今月下旬から、いよいよチラシをまいて、本格的に地域のみなさんに認知していただけるように動き出します。
 
実際、自分が理想とする教育がどれくらい世の中に受け容れられるか、今のところ未知数です。
 
ですが、日本の教育を、小さな取り組み、小さな挑戦から変えていく。それが私と「ことのば」の使命だと信じています。
 
そのために、私自身、猛烈に勉強中です。(^^)
 
ほんと、学ぶのって、自分を変えていくのって、自分ができなかったことができるようになるのって、楽しい!

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. ―Itʼs not the strongest species nor the most int…
  2. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  3. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  4. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  5. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  6. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  7. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  8. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  9. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  10. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-11-15

    キラキラネームはもう古い?キラキラな子の未来やいかに?

    今年になって、いわゆる「キラキラネーム」から離れて、呼びやすく、日本的な名前に揺り戻す動きが出てきた…
  2. 2016-4-4

    大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

    大学を出たからといって、 それに見合う就職ができるわけではない。   そんな話をたびたび書いて…
  3. 2015-6-9

    「成績悪いから夏休み短縮!」は頭が悪すぎないか?

    福岡市内の小中学校で【夏休み短縮】ですってよ、奥様!   なんでも、土曜の授業も復活させて、授業…
  4. 2015-11-1

    STAP細胞小保方氏の博士号剥奪から、親が学ぶべき3つの教訓

    あのキラキラした笑顔で夢の(幻の?)STAP細胞の発見を語り 世界に大きな夢を与えて大ニュースとな…
  5. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る