棚からあふれる本の山

ようやく、ことのばの教室整備が進んで来ました。
 
壁に作り付けた本棚は6本。
 
トップの写真にある間仕切りとして使っている
小さな本棚が1本。
 
部屋の奥に2本。
 
バックヤードに2本。
 
合計10本の本棚があります。
 
街の「小さな図書館」を目指すサロンとしては
ちょっと少なめかも知れませんね。
 
実は、段ボールから出した本を、
ほぼすべての棚に並べていきましたが、
それでもなお5箱分の書籍があふれています。
 
バックヤードには本棚が余っているのですが、
そこに本をおさめてしまうと、お客様に
読んでもらえませんからね。
 
どうしたものか思案中です。
 
一番手っ取り早いのは、自分でも読みそうになく、
お客様も読むことがないであろう本を厳選して
廃棄することでしょうか。
 
実際、ちょっとマニアックな本が多く、
世のお父様、お母様方が読んで楽しめる本は
少なめです。(^^;
 
 
これからぼちぼち、
子育て関連の本、
子ども達が読んで楽しめる本などを
ぼちぼち仕入れていく予定。
 
すでに小学校低学年の子ども達が
読めるレベルの本を100冊、
発注済みです。
 
私自身が小学校5年生のクラスに
読み聞かせに入りますので、
高学年向けの読み聞かせ用書籍も
少しずつ揃えてみようと思っています。
 
あと、子ども速読講座で子ども達に読ませる本。
これも200冊を目標に揃えていきます。
 
 
そうなると、やっぱり今ある本を処分するしか
ありませんね。(^^;
 
3月いっぱいは本の精選と入れ替えに
エネルギーを使うことになりそうです。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  2. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  3. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  4. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  5. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  6. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  7. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  8. 今年、あなたは何冊の本を読み、何冊の本を「読もうと思いながらスルー」したでしょうか。   私たち…
  9. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  10. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-4-30

    子ども達の学力を奪っているのは、あの灰色の男たちだ!

    今、中高生の学力が、ある種の危機に瀕しています。   何やら灰色の男たちが、夜昼かまわずやってき…
  2. 2016-3-22

    子どもの「学校外の学習時間」が回復!⇒これは吉報か?

    2016.03.21付け日経新聞に、「学校外の学習時間 90年水準に」という見出しの寄稿記事が掲載さ…
  3. 2016-1-5

    「電子黒板」が生きる道はあるのか?

    2016年1月5日付けの日経新聞によると電子黒板がどんどん広がっているそうです。   全国の公立…
  4. 2015-11-30

    小学校のアクティブ・ラーニングは「いつか来た道」?

    今、世間でちょっと話題のアクティブ・ラーニングとは何か? アクティブ・ラーニング(能動学習)と…
  5. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る