秋から夜間・中学生講座を開講するかも…!という○○

現在、ことのばは小学生の速読・読書教室と、
時々いらっしゃるお母様方からの学習相談だけを受けてます。
 
「なんで塾をやるのに、夕方6時半に閉めるんですか?」
 
そんなストレートでごもっともな質問を頂戴したことがあります。
 
その理由は明快でして。
 
主夫が夜遅くまで仕事をすると、家庭が崩壊するから!
 
家庭第一でございますよ。えぇ。
 
 
とはいえ、
 
「相談には乗りますが、中学生の指導は一切いたしません」
 
というのもどうなのよ? という気持ちもございまして。(汗)
 
今、考えているのは

  • 中学1,2年生の日常の学習と定期考査対策の指導
  • 基本的に「学習法」の指導。日常の予習・復習とテスト対策の取り組み方
  • 分からない部分は「すらら」のICT活用学習
  • 英語は独自の学習教材を活用した「読む・書く・話す」の指導
  • 国語は読解力と作文指導がメイン
  • できれば読書指導、速読指導もセットで

部活をやっていない生徒さんなら、
今すぐにでも受け容れ可能かも知れません…。
 
私がやりたいのは
 
半年経ったら教室に通わなくても同じレベルの成績がキープできて、
「教室、辞めさせてください!」と言ってしまえる子を育てること。
 
高校に行っても、大学に行っても、同じように自分の力で勉強して、
様々な課題や困難を乗り越えていける、自立した人を育てること。
 
私の中でのキーワードは「自由」。
 
自らに由(よ)って生きていける人。
 
自分らしく、いきいきと、主体的に生きていける人。
 
そんな人を育てることです。
 
 
とはいえ、指導体制が・・・(汗)
 
誰か、私の理念を理解した上で講師をしてくれないかしら。
 
そんな「秋から夜間・中学生講座を開講するかも…!」という妄想をお届けしました。
 
では、ご機嫌よう。(^^)

関連記事

  1. 「スマホで知育」は絶対に避けた方がいい理由

  2. 義援金はどこへ送るのがベストか?

  3. ブログ更新も3ヶ月目に突入…まさに起業家気分♪

  4. 多様性を認めたらクラスが「崩壊」した思い出

  5. 塾のセカンドオピニオン外来を2件こなしてみたところ…(汗)

  6. 集中力をスマホでコントロール!⇒スマートLEDの効果やいかに?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。