「ゲットだぜ!」とか言ってる人たちの方がゲットされてる件

ポケモンGoが日本でもリリースされました。
 
アメリカでの惨状(?)のニュースを見ていたので、かなりドキドキしていたのですが、日本はアメリカほどでもないのでしょうか?
 
崖から落ちるとか、池に落ちるとか、
強盗に遭うとか、事故に遭うとか、
パチアプリつかまされてデータをぶっこ抜かれたとか・・・
 
はっきりいって、そんなことはどうでもいい。
 
はい。どうでもいいんです。
 
 
ただ、こうやって、私たちにとって最大の、
それでいてごく限られた資産である時間が、
どんどん奪われていくことに、言いしれぬ不安と
イライラを感じるんです。
 
ま、他人事なんですけどね。
 
 
今の時代、僕らはスマホがあれば、
いくらでも時間の価値をいくらでも高めることができます。
 
自分の未来の価値を高める学びも。
 
クラウドによる仕事の共有、
メールその他のちょっとした作業も、仕事の指示も。
 
それが人間的なものかどうかとか
幸せなことかどうかは別として、
「細切れのすき間時間」というのは、生産性の上がる時間に
なりうる環境が整っているわけです。
 
 
今回のポケモンGoによる時間のドロボー案件は、
まさに、この時代ならではのことであり、
今挙げたことの裏表。
 
というか、そのすき間時間をビジネスチャンスとして
掘り起こして自社とコネクションを持ってもらうことに
あらゆるビジネスが躍起になっているわけです。
 
軒先を借りて、ご縁をいただきさえすれば、
母屋を乗っ取り、時間のついでにお金を巻き上げるのは簡単だ、
悲しいことに、そんな発想が、今のゲーム業界にはあります。
 
 
あなたの貴重なリソースである、そのすき間時間を
自分の未来のために使うのか、
誰かの収益のために使われるのか、
それによって、あなたの未来は大きく変わるはずですよね。
 
あなたはどちらの人でしょうか?
 
スマホに時間を奪われる人?
 
スマホで時間の価値を高める人?

よろしければ、こちらの関連記事もどうぞ。(^^)

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

    • なまけたろう
    • 2016年 8月 08日

    寝た子は起こすな理論で良いと思ってます。

    周りで、皆さんポケモンをやられておりますが、大事なのはポケモンをやることではなく、ヒットした理由を探ることなのかと。
    ストーリー性がなく、ただ単に狩るだけ位置ゲームがここまでヒットするのが不思議ですが。

    ポケモンが流行っている中で電車で本を読んでいる人は、友達になれるかもと思います。

    • 寺田 昌嗣
    • 2016年 8月 09日

    なるほど「寝た子は起こすな理論」ですか。(笑)
    さすがでございます。
     
    私の周りの一流の経営者も「とりあえずやっておく」というスタンスの方は多いようです。
    ヒットした理由を探る、自社のビジネスのヒントを探すみたいな感じでしょうかね。
     
    私は一流じゃないので、そのあたり興味なしですが…(汗)
     
    >>ポケモンが流行っている中で電車で本を読んでいる人は、友達になれるかもと思います。
     
    なるほど。(^^)
    そういう人達がつながれるような仕掛けを考えてみてはいかがでしょう?
    ポッドキャスト応用編として自分で考えてみましょう!

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  2. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  3. ことのば・子ども速読講座の1つの大きなテーマは「子どもにたくさん本を読ませよう!」ということ。  …
  4. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  5. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  6. うちの息子は小4、10歳です。   本やら事典やらを読むのが大好きなので、妙に頭でっかちです。 …
  7. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…
  8. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  9. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  10. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-6-11

    学校教育に「正式な教科書」として電子書籍導入、確定?

    ここ数日、新聞やテレビのニュースでも、 いよいよ2020年に電子書籍が正式な教科書として 導入さ…
  2. 2016-1-12

    顧問複数掛け持ち経験者が語る「学校の部活動問題」

    先週末、Yahoo!ニュースにこんな記事が掲載されました。 [blogcard url="ht…
  3. 2016-2-17

    子どもの貧困に、私塾はどう貢献できるか?

    昨日から、西日本新聞(朝刊)の社会面で「子どもに明日を いま、学校で」という連載が掲載されています。…
  4. 2016-1-4

    「奨学金返還訴訟が激増」の根本問題はどこに?

    日本学生支援機構(旧日本育英会)による長期滞納者への一括返還訴訟が増えているんだそうですよ。 …
  5. 2015-12-7

    多様性を認めたらクラスが「崩壊」した思い出

    私は高校教師時代、何かと管理職からにらまれておりました。   理由は「型にはまらなさすぎる」から…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る