「塾経営」と「主夫業」を二足のわらじでこなすために、あれこれシフトしてみた!

8月末から塾の「夜の部」がスタートしまして、ちょっと大変な状態になっております。
 
今までもフリーランスとしての仕事と主夫業を二足のわらじでやって来ておりました。そして、これは多くのお母様がやっていることなので、それほど問題とも思っていませんでした。

が!
 
塾経営は、ちょっとひと味違いましたね!(汗)
 
何しろ、夜8時まで教室を開けているので、食材の買い物をして帰宅するのはだいたい9時。
 
さすがにそれから食事の準備というわけにはいきません。
 
 
どうするか?
 
 

第1のシフト=時間のシフト

考えた結果、昼3時過ぎから晩ご飯の準備をしに帰ってます。
 
今日は、朝のうちに筑前煮と簡単なサラダを作りましたので、あと一品ということでカレーを作りました。
 
毎朝、妻の弁当を作りますので、その時に晩ご飯をすべて作ることが出来れば、それでOK。
 
でも、さすがにそういうわけには行きません。
それで昼の3時に…と。
 
夕方5時から小中学生がわらわらと集まってきますので、手早く済ませてダッシュで教室へ。
 
 
ただ、もう1つありまして…(汗)

第2のシフト=保育園へ預ける時間のシフト

4歳の息子を保育園に預けていますが、そのお迎えにも行かなければなりません。
 
妻が向かえに行けるときは妻に行ってもらいますが、週の半分くらいは無理。
 
ですので、晩ご飯のセッティングが終わった足で、保育園に向かえに行き、教室に連れてくる…という形になりそうです。
(というか、実際、すでにそうなってます。)
 
4歳という大事な時期、夜7時ぎりぎりまで保育園ではかわいそうですからね。
 
しかも、土日の半分は私が出張で不在ですし。

第3のシフト=究極のシフト=これから!

これからの方向性としては、「東京・大阪・名古屋の出張回数を極端に減らす」ということになりそうです。
 
本業であり収入の柱である速読講座を減らす方向に向かわざるをえない、と。
 
今、3連休はほぼ出張。土日の半分は出張ですからね。(^^;

さて、どうなる?

新しい仕事のパターンと、それとバランスを取れるような家事のこなし方。
 
一番大切にするのは「子ども」です。
 
「一番、自分が納得いく子育て」を軸にして、これからしばらく家事と仕事の調整をしていくことになります。
業務の柱もシフトするってことは、しばらく経営も不安定になるかもなー、と。
 
うむ。がんばらねば。

関連記事

  1. 秋は深まるが、春や夏が深まらないのはナゼだ?

  2. 子どもの「学校外の学習時間」が回復!⇒これは吉報か?

  3. 子どもに大学進学を考えさせる上で、もっと大切なこと

  4. 【書評】『子育ては言葉の教育から』(外山滋比古著)

  5. 子どもの勉強、どうすべき?(#1/4)

  6. 大学入試新テストで、高校の現場はどう変わるか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。