プロの仕事を奪うのは誰か? ─ AI全盛時代のサバイバル術

ここ数日で、AIに関して気になるニュースが2つありました。
 
1つはGoogleの自動運転車が通算160万キロにして初めて事故を起こしたというもの。

実際には小さな事故、Googleの車に過失のない事故はそれなりにあったそうですが、人間が運転していたら(人によるとは言え)もっと事故はありそうです。
 
ちなみに、鉄道はすでに一部で自動運転が採用されており、運転席に座る乗務員の仕事は限られたものになっているようですね。
 
もう1つのAI関連の記事は今日の日経新聞「アートの心 AIい芽生え」と題したもの。
 
なんでも、AIを使った自動作詞・自動作曲・小説執筆・美少女イラスト作画などの精度(完成度)がどんどん上がってきているとのこと。
 
もちろん、すべてを任せられるものではないようですが、「作曲の最初のアイディアとなるフレーズを生み出す」とか、「たくさん作っていいできのものを選ぶ」とか、そういったものとして活用できる状態のようです。
 
ということは何が起こるか?
 
かなり広範なの領域で、AIに仕事を奪われるという事態が起こるだろうということですね。
ただ、それは「AIが奪う」のではなく、「AIを使いこなし、アイディアで勝負を挑んでくる人が奪う」ということになるはずです。
 
これまでプロの技を高い参入障壁として独占的に仕事をしてきた人が、そういったAIやITをフル活用できる素人に仕事を奪われる。
 
これは、それまでライバル不在でぬくぬくしてきた業界が、規制緩和によって一気に食えなくなるのと同じような話です。
 
これまで物理的な商圏によって独占できていたのに、ネットショップによって客を奪われた街の商店。
 
クラウドソーシングによって海外の技術者や副業レベルでやっている人に仕事を奪われたエンジニア。
 
それと同じことが、「AIを使いこなす素人に仕事を奪われるプロフェッショナル」という図式で現れるわけです。
 
そこそこのレベルの仕事しかできなければ、ITやAI、そして新たなシステムを使いこなす人に簡単に仕事を奪われます。
一流のプロフェッショナルだとしても、その価値を適切に表現して、自分のユニークな価値を認めてくれる人とつながっていく努力をしなければ生き残れなくなります。
 
娯楽番組の「格付けチェック」的な番組を見るまでもなく、技術の微妙な善し悪しなんてものは、ほとんどの人には判定できませんから!
 
技術の発達のおかげで、アイディアさえあれば、誰でもどんな産業にでも参入できるようになりました。
この「チャンスが広がった」ことの裏側に、「いつでも強力なライバルが参入しうる」という、現状に甘んじてうかうかすることが許されない事態が生まれているわけです。
 
もはやこれからの時代、「昨日の続きの今日」を前提するような発想でビジネスが成功する余地はありません。
技術や資格を武器に、という発想も同じですね。
 
そういうことを、親の世代である私たちが明確に意識しながら、子どもと関わっていかなければなりませんね。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  2. トップにペヤングの写真を貼っておいて「焼きそばUFO」とは、こはいかに!とツッコミが入りそうな気配満…
  3. 和田アキ子さんが司会をなさっていた人気番組 「ビューティー・コロシアム」。   我が家は夫婦共…
  4. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  5. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  6. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  7. 昨年の夏くらいの話ですが、 1ヶ月もの間「何も食べてない」という俳優さんが テレビに出ていらっし…
  8. ようやく昨日(12/29)で今年2015年最後のレッスンが終わりました。   公立高校の教師から…
  9. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  10. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-4-28

    デジタル教科書、2020年度には正式な教科書として導入?

    デジタル教科書についてはたびたびネガティブな論調で コラムを書いてきましたが、やはりというべきか、…
  2. 2015-10-30

    反転学習は学力向上の切り札になり得るか?

    大学で反転授業が、少しずつ採用されてきているそうです。   日本の学生さんは、とにかく勉強しませ…
  3. 2016-4-19

    「プログラミング20年必修化」は教育に何をもたらすか?

    ただでさえ2020年の高大接続改革で 教育界がぐらぐらしている状態ですが、 またしても、政府が何…
  4. 2016-3-28

    大阪市でタブレット配布&電子黒板設置スタート!

    昨日に続きタブレット関連の話題。   大阪市が32億円の予算を投じて、 市内の小中学校にタブレ…
  5. 2016-2-7

    思考力を鍛える教育へ、塾の動きが加速し始めている!

    2020年の入試が「思考力を問う」という方向に変わることがほぼ確実になり、いよいよ公教育を除く学習業…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る