4月からの子ども速読講座のゆくえ

今日は学習ネタから離れて、近況報告を。
 
実は2年ほど前から、現在オフィスのある商店街近辺で、学習塾を開ける物件を探し続けております。
 
国語・読書指導を中心に据えた学習塾を開くためです。
 
昨年も3つほどの物件とご縁がありそうで、結局ないままに終わりました。
 
近所の商業ビル(西新プラリバ)が閉鎖したため、そこに入っていたテナントさんが、この界隈に引っ越しなさったため、ここ1年はまったく空きがない状況でした。
 
 
そんな最中、昨年末に「市内にある有料自習室の経営を引き継いでもらえないか」というオファーをいただきました。
 
施設自体から大きな収益が上がっているわけではありませんが(だから先方さんは経営譲渡したいわけですよ)、私が今年の仕事の1つのテーマとして設定している「社会人のみなさんの学習支援」のリアルな場を持てるというのは、ちょっと魅力です。
 
ただ、そこを買収してしまうと、塾を開くことができなくなります。
というか、現在開講中の子ども速読講座も閉鎖することになります。
(今、来てくれている子たちは全員3月満了なので混乱はなし。)
 
どっちもやれればいいんでしょうけど、「主夫業をこなしながら」という制約条件がある以上、両方は無理。
 
うーん。悩ましい。
 
このブログもそうですが、3年後の充実を目指して、現在の社会人教育メインから子ども教育メインに仕事をシフトしていこうと思っていたところ。
 
でも、現在のメインは社会人教育なんですよね…。
  
子ども速読講座を続けるなら、もうチラシを発注しなければ間に合いませんし、施設利用の契約もしなければなりません。
 
タイムリミットは10日といったところ。
 
あと10日ほどですが、究極の選択に悩む日々が続きそうです…。

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. テレビでもおなじみ、ソムリエの田崎氏。   感覚、感性の世界を的確な言葉、様々な比喩表現でもって…
  2. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  3. 「絵本の読み聞かせは学力にプラスになる。」   そう主張する研究者もいますし、 それを否定する…
  4. 最近、3歳の息子が 絵本の読み聞かせに はまっています。   その中のヒット作品がこれ。 …
  5. 先週封切りとなった映画「妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!」が、興行収入で「スター・ウォ…
  6. 「遊びも学びも英語で」というタイトルの記事が、今朝(2015.12.16)の西日本新聞に掲載されてい…
  7. 忘年会。   何でも室町時代にはすでに「としわすれ」と称して「及酒盛有乱舞」状態だっそうですんで…
  8. 社会人向けの速読講座に来て速読技術と「本の読み方」を学び、大人になってようやく読書の楽しさと重要性に…
  9. 1年のすべてのビジネス速読術講座のイベントが終わりました。   高い成果を上げ、どんどん自分を変…
  10. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…

教育問題コラムPick up

  1. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  2. 2016-1-8

    「チーム学校」を本当に機能させるために必要なこと

    いよいよ新学期です。   うちの息子も、朝からばたばたしながら、 大量の荷物を抱えて学校に駆け…
  3. 2016-4-4

    大学(受験)はこれからどこへ向かうか?

    大学を出たからといって、 それに見合う就職ができるわけではない。   そんな話をたびたび書いて…
  4. 2015-12-22

    高校教育がどうやらヤバいことになっているらしい件

    今朝(2015.12.22)の日経新聞、教育欄に早稲田大学教授菊池栄治氏の寄稿が掲載されています。 …
  5. 2015-11-6

    貧困の拡大再生産を食い止めるために、親は何をすべきか?

    2015.11.04付けの西日本新聞の1面トップは「子どもの貧困率」の記事でした。   「子ども…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る