目標を達成できる8%になるために必要な「意志」の力

2015年も残り数日となりました。
今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?
 
今年が終わる前に、ぜひ子ども達と一緒に「今年の振り返り」を親子でやっておきましょうね。(^^*
 
ちなみに年始に立てた目標を達成できる人は8%に過ぎないというアメリカの調査結果もあります。

あなたは92%の目標を達成できない方に入る人でしょうか。
それとも、達成できる8%の人でしょうか。

目標を達成するのに必要なのは「意志」の力

さて、今日の話題は「目標を達成するために必要な意志の力」。
前にも描きましたが、何かをやり遂げるのに絶対的に必要なのは才能ではなく「意志」の力です。

これについて、子育ての中で気をつけるべきことについては「マシュマロテスト」に関する記事でも書きました。
では、大人はどうしたらいいのでしょう?

1.「意志」とはどういうものか知っておく

まず「意志」とはどういうものなのかを知っておく必要がありそうです。
これについてはWired.comに有益な研究が紹介されていますので、そちらから引用してみます。

1-1.意志は減るものだ

実は、意志力は減っていくものだとのこと。
「実は」なんて言わなくても、誰しも薄々感じていたことだとは思いますが。
 

1-2.意志力の燃料は「ブドウ糖」だ

意志力を保つのに栄養が必要だとのこと。
そしてそれは「ブドウ糖」である、と。
脳の栄養がブドウ糖であることを考えれば、ある意味、当然なのかも?
 
ということは、炭水化物抜きダイエットってやつは、いろいろ弊害もありそうですね…。

1-3.いろいろやろうとしたら、さらに減る

何かをやろうとして「意志力」を発揮すれば、その分消耗するわけです。
ですので、本当に重要なことを粘り強くやり遂げるためには、いろいろ神経をすり減らすことをしない方がいいようです。
 
ということは、フリーランスのような「自制心がなければ成り立たない」ような環境に身を置いている人は、ちょっと大変かも知れませんね。(^^;

1-4.伴走者を手に入れる

お仕事としてコーチを雇うとか、スクールに通うとか、そういう「伴走者」についてもらえるようにすれば意志力を補ってもらえるよね、と。
 
目標を達成することが仕事などに、大きなリターンが得られるのであれば、やはりコーチ、コンサルタントを雇った方がメリットが大きいってことでしょう。

1-5.浪費しない仕組みを用意する

意志力を高めるというより、意志を一方向に向け続けるために、余計なことをしなくていい仕組みを手に入れよう、というわけです。
雑務を外注する、Webサーフィンを規制する仕組みを導入する、facebookアイコンをスマホから消し、通知をオフにする…などなど、いろいろ工夫できそうです。

2.意志力は高められると知る

意志力は筋力と同じように鍛え、高められるものだと、スタンフォードの自分を変える教室『スタンフォードの自分を変える教室』などの著書でおなじみのケリー・マクゴニガル氏は語っています。
 
そして次のようなステップでの「瞑想」を毎日数分間おこなうことで、意志力を高めることができるといいます。

2-1.姿勢を正して座り、動かない。Sit still and stay put.

日本でも「調身(姿勢を正す,上虚下実)、調息丹田呼吸)」こそが「調心(鎮まり)」を生むという考えが昔からあります。
私の講座でも、仙骨(骨盤にくっついている背骨の一番下の骨)を立てることを「正しい姿勢」の重要な要素として指導しています。

2-2.呼吸に注意を向ける。Turn your attention to your breath.

目を閉じると、いろいろな想念が頭に去来します。それを振り払う1つの方法。
私の講座でも、まず「今、息を吸っているのか、吐いているのか確認しながら」と指示します。

2-3.呼吸の感覚と心の揺れを意識する。Notice how it feels to breathe and how the mind wanders.

しばらく意識して呼吸したら、それを止めて無心に呼吸を感じるようにします。
そうすると、また想念がわき上がってきますので、再び呼吸を意識的におこないます。これを繰り返すことで意志の力を鍛えられると解説されています。
 
ちなみに、私の著書『フォーカス・リーディング』でも書いたのですが、呼吸の空気の流れを体の奥、鼻の奥で感じ続けることは脳の状態を変える(前頭前野をクールダウンさせる)効果があります。

3.意志力を高め、目標を絶対に達成するための習慣

もちろん、意志力を高めるのは瞑想だけではありません。
自分の体の感覚、心の乱れ(雑念)といったものをモニタリングし、コントロールする作業を続けることは、スポーツであれ音楽であれ間違いなく意志の力を高めることができます。
 
昔から「早起きこそが意志を鍛える」とも言いますが、それも「自分に打ち克つ」ことを習慣づけるということですよね。
 
社会人向けのフォーカス・リーディング講座では、実は上記紹介した瞑想とまったく同じやり方で呼吸トレーニング、集中力トレーニングをおこなっており、「速読以上に仕事に役立っている」と好評をいただいています。
 
もしあなたが「目標は立てるためにある」なんて、自分を誤魔化して終わらせているのであれば、こういったトレーニングを意識的にやってみてはいかがでしょう?
  
お薦めは毎朝15分間を確保して、3分間の瞑想と、約10分間の「今年・今月・今週の目標&今日のTo doの確認」作業。(^^*
 
私も長らくやっていますが、これは毎日を充実させ、確実に「年始に立てた目標を達成する」ための「魔法の15分」ですよ。
ぜひお試しあれ♪

小学校時代に何を学ばせる?【PR】

中学受験でもないのに、小学校時代に塾に行かせる理由はなんでしょう?
小学生の頃に「一生、自ら学び、伸びていく力」の基礎を育んでおきませんか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ピックアップ記事

  1. 大学を出たからと言って、正社員の道が開かれるわけではなく、 今ある仕事の半分は、子ども達が大人にな…
  2. 英語の長文の学習法については、過去に書きました。 [blogcard url="http://…
  3. 今日は「言葉」と「子育て」について語ったエッセイをご紹介。   大ベストセラー書『思考の整理学』…
  4. 今日は小学校で読み聞かせをしてきました。   読んだ本は『このよでいちばんはやいのは』という科学…
  5. 今日はこれから子ども速読講座です。   毎月第2回目は ミクロレベルの読解力を鍛えるための …
  6. 講演の音声でも話していますが、「遺伝」が学力やその他の能力に与える影響はとても大きいことが分かってい…
  7. 2015年も残り数日となりました。 今年の始めに立てた目標は達成できたでしょうか?   今年が…
  8. 小学校3〜4年くらいになると、どうしても勉強に対する好き・嫌いという感情も生まれてきます。   …
  9. 日本人が、どんなに学校の勉強をしっかりやっても、 絶対に学べないことがあります。   アメリカ…
  10. 「アリとキリギリス」という寓話を、あなたもご存知でしょう。   ビジネス名著『7つの習慣』第3の…

教育問題コラムPick up

  1. 2016-4-19

    「プログラミング20年必修化」は教育に何をもたらすか?

    ただでさえ2020年の高大接続改革で 教育界がぐらぐらしている状態ですが、 またしても、政府が何…
  2. 2016-3-14

    数学が苦手な女性教師が、数学が苦手な女子をつくる

    2009年に公表された論文ですが、ちょっと面白い内容でしたので、簡単にシェアします。   論文は…
  3. 2015-11-25

    学校ボランティアをすっぽかしただと!ヽ(`Д´)ノ

    今日のお昼、息子が通う小学校の「校庭見守りボランティア」というやつに行ってきました。   うちの…
  4. 2015-10-15

    「公立学校でタブレット倍増」はGood Newsか?

    2015年10月12日付け日経新聞で「公立小中高、タブレット倍増」との記事が掲載されました。 ざっ…
  5. 2015-11-8

    子どもに大学進学を考えさせる上で、もっと大切なこと

    小中学生でも、大学進学を希望する割合が高まっているんだそうですよ。 ちょっと古い記事ですが、今年(…

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る